1. TOP
  2. クリエイター
  3. 菊地敦己

菊地敦己Atsuki Kikuchi

1974年東京都生まれ。武蔵野美術大学彫刻学科中退。ミナ ペルホネン(1995-2004)、サリー・スコット(2002-)のアートディレクション、青森県立美術館(2006-)、大宮前体育館(2014)のVIサイン計画、『「旬」がまるごと』(2007-12)や『装苑』(2013)、『日経回廊』(2015-16)などの雑誌や書籍のブックデザイン、「亀の子スポンジ」のパッケージデザインのほか、美術、建築、ファッション、工芸にかかわる仕事が多い。また、ブックレーベル「BOOK PEAK」を主宰し、アートブックの出版を行う。