1. TOP
  2. クリエイター
  3. 早川良雄

早川良雄Yoshio Hayakawa

1917年大阪生まれ。1936年大阪市立工芸学校工芸図案科卒業。三越、近鉄百貨店宣伝部などを経て、1952年フリーとなる。1954年大阪府芸術賞。1955年第1回毎日産業デザイン賞(現・毎日デザイン賞)。 同年国際グラフィックデザイナー連盟(AGI)会員となる。「グラフィック’55展」に参加。1960年世界デザイン会議パネリスト。1958年、1966年日宣美展会員賞。1959年、1960年、1967年ADC銀賞。1970年日本万国博覧会の色彩基本計画に参加。1973年世界インダストリアルデザイン会議パネリスト。1978年第13回造本装幀コンクール通産大臣賞。1981年第12回講談社出版文化賞。1982年紫綬褒章。1984年日本宣伝賞第5回山名賞。1988年勲四等旭日小綬章。1996年ADC「HALL OF FAME」(ADC殿堂入り)。著書に、作品集『早川良雄の世界』(講談社)、『早川良雄(世界のグラフィックデザイン4)』(ギンザ・グラフィック・ギャラリー/トランスアート)、随筆集『徒然感覚』(用美社)、『早川良雄の仕事と周辺』(六耀社)がある。