1. TOP
  2. クリエイター
  3. 奥村靫正

奥村靫正Yukimasa Okumura

1947年愛知県生まれ。幼少より、日本画(四条派)を学ぶ。1968年桑沢デザイン研究所卒。1970年WORKSHOP MU!! の設立に参加、日本のロックミュージックの数々のレコードアルバムのデザインに携わる(はっぴいえんど、サディスティック・ミカ・バンド、大滝詠一他)。1979年ザ・ステューディオ・トウキョウ・ジャパン設立、Yellow Magic Orchestraのアートディレクターとして、レコード、アルバム、ポスター、映像、ステージ、コマーシャルなどを手がけ注目される。それ以後、山下達郎、佐野元春、ムーンライダーズ、加藤和彦、チェッカーズ等のアートディレクションを担当。1982年からADC賞を4回受賞。キリン、サントリー、西友他多くの広告に携わる。ブックデザインでは林真理子、村上龍、中沢新一などの書籍を数多く手がける。1989年日本で初のPCによるグラフィック作品を制作。2003年グッドデザイン賞金賞、2005年伝承浮世絵版画「東京美人の内・柳橋」発表。2007年NY「The One Show」 デザイン部門 金賞、など受賞多数。近年では、2009年福岡伸一『動的平衡』、2011年篠山紀信写真集『ATOKATA』のブックデザイン、2012年に「ヒロシマ・アピールズ 2012」のポスターがある。女子美術大学教授。東京ADC会員、JAGDA会員、東京TDC会員。