1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 原っぱからアテネまで

展覧会・イベント

TOKYO ILLUSTRATORS SOCIETY PRESENTS

原っぱからアテネまで145人のイラストレーター スポーツを描く

  • 会期:2004.8.16 月 - 9.10 金
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m.(水曜は8:30p.m.まで) 土曜・日曜・祝日休館 入場無料

毎年恒例の東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)の展覧会は、今年で10回目を迎えます。毎回様々なテーマで開催しておりますが、今年は、アテネオリンピックの開催にちなんで、「スポーツ」をテーマに145人の作家が出品します。描くテーマとなる「スポーツ」は、オリンピックに限定せず、子ども時代に遊んだ原っぱでのかけっこから、オリンピック競技まで。あらゆるスポーツの中から、イラストレーターが描きたい種目を選んで表現します。会場では、イラストレーションとミニエッセイのほかに、アンケートによるイラストレーターのスポーツ経歴など、意外な一面もご紹介します。イラストレーションのファンはもちろん、スポーツをするのが好きな人、観るのが好きな人、オリンピックをもっと楽しみたい人など、多くの方々に楽しんでいただける展覧会になると思います。会場では、この原画145点の展示・販売を行います。また、作品集の発行も予定しております。

  • 安西水丸

  • 早川良雄

  • 水口理恵子

  • メグホソキ

  • 矢吹申彦

  • 横山 明

展示内容
イラストレーション原画145点を展示・販売。
イラストレーターがそれぞれの描きたいスポーツをテーマに、30×30cmの正方形に描 き下ろします。

作品販売
額代込1点35,000円 会期初日より先着順で販売します。

作品集
『原っぱからアテネまで ―145人のイラストレーター スポーツを描く―』
株式会社芸文社刊 A4判変型 2,940円

東京イラストレーターズ・ソサエティ
メディア社会化する時代状況のもと、イラストレーションの潜在的重要性がますます高まりつつあるなか、1988年、イラストレーター相互の連絡機関として発足。イラストレーターが能力を発揮するうえでおこる諸問題を自らの手で解決しようとするものです。イラストレーションのさらなる発展をめざし、展覧会の開催、研究会、広報誌の発行などの活動を行っています。           
2004年4月現在会員数:167名  
会長:灘本唯人 理事長:和田誠

展覧会委員
委員長:北谷しげひさ 
委員:和田誠 古川タク 矢吹申彦 メグホソキ

主催
東京イラストレーターズ・ソサエティ

協賛
株式会社竹尾

協力
クリエイションギャラリーG8

出品作家(五十音順・敬称略)

秋山 育
秋山 孝
浅賀行雄
阿部隆夫
阿部真理子
スージー甘金
新井苑子
荒井良二
安齋 肇
安西水丸
飯田 淳
飯野和好
石倉ヒロユキ
石丸千里
板垣しゅん
井筒啓之
井筒りつこ
上田三根子
上田みゆき
ウエノ★アモーレ★ヒロスケ
宇野亜喜良
及川正通
大塚いちお
大西洋介
小田桐 昭
音部訓子
小野トモコ
オヤマダヨウコ
片庭瑞穂
加藤裕將
かわぐちせいこ
川村 易
川村みづえ
管野研一
木内達朗
北田哲也
北谷しげひさ
北村 治
橘田幸雄
木村桂子
久木田知子
国井 節
久保誠二郎
熊井 正
黒鉄ヒロシ
桑原伸之
KUNTA
小池アミイゴ
小泉英里砂
五辻みつる
ゴトウヒロシ
小森 誠
阪口笑子
坂本富志雄
作田えつ子
佐々木悟郎
ささめやゆき
佐藤邦雄
佐藤直行
U.G.サトー
篠崎三朗
下田一貴
下谷二助
白根ゆたんぽ
杉浦範茂
杉田圭司
杉田 豊
ヒロ杉山
鈴木英人
マー関口
宗 誠二郎
添田あき
ソリマチアキラ
高氏雅昭
高橋キンタロー
高部晴市
田代 卓
田名網敬一
谷口広樹
玉利ひろのぶ
司 修
土橋とし子
土谷尚武
津々井 良
都築 潤
手塚リサ
寺田順三
天明幸子
唐仁原教久
内藤貞夫
永井 博
長崎訓子
仲條正義
中村幸子
中山尚子
中山 泰
薙野たかひろ
灘本唯人
野村俊夫
野村美也子
長谷川博紀
長谷川義史
花井正子
早川良雄
林 恭三
羽山 惠
原田 治
平澤一平
平松尚樹
福井真一
藤居正彦
藤枝リュウジ
藤本 将
舟橋全二
古川タク
ほししんいち
メグホソキ
松尾たいこ
松本孝志
三嶋典東
水上多摩江
水口理恵子
峰岸 達
三輪 滋
村井和章
村松 誠
森 英二郎
森 貞人
矢吹申彦
山口はるみ
山口マサル
山崎綾子
山崎のぶこ
山崎正夫
ペドロ山下
山下勇三
山本タカト
湯村タラ
湯村輝彦
横山 明
蓬田やすひろ
若尾真一郎
和田 誠
渡辺 宏
渡辺浮美生