1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields

展覧会・イベント

UMA / design farm展

Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields

  • 会期:2020.02.25 火 - 03.28 土
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m.
  • 日曜・祝日休館 入場無料

    ※新型コロナウイルス感染症に対する感染予防対策について
    ご来場いただく皆さまには、感染拡大防止のため、入り口にあるアルコールでの手の消毒をお願いしています。またご来場いただく方々が多い場合は一時的に入場制限を行っていますので、ご協力よろしくお願いいたします。

    2020.2.20 お知らせ
    2020.2.25 火 オープニングパーティーについて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、ご参加いただく皆さまの健康と安全を考慮し開催を中止します。
    当日ギャラリーは8:30p.mまで延長して開館します。
    楽しみにしてくださっていた皆様には、大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願いいたします。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、クリエイションギャラリーG8は、3/27(金)17時で閉館いたします。UMA / design farm展「Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields」はこれを以て終了いたします。お越しいただいたみなさま、どうもありがとうございました。

原田祐馬により2007年に設立されたUMA / design farmは大阪を拠点に活動するデザインスタジオです。グラフィックはもちろん、建築家や編集者と協働し、図書館や学校、障害者福祉施設などの仕組みづくりからサイン計画も手掛け、プロジェクトの上流から地域とその場に介在し、当事者と「ともに考え、ともにつくるデザイン」を、対話と実験を繰り返して実践しています。人、場所、分野を越境するそのデザイン手法により、循環と可能性を生み出す仕組みを提案しつづけています。

本展では、プロジェクトにどんな人たちが関わり、何を思い、ともににつくりあげたのか、その言葉や関係性、デザインプロセス、そこで紡がれた物語を交えて展示します。奈良県奈良市の福祉施設たんぽぽの家と障害のある人たちの仕事づくりを行う「Good Job! Project」、大津湖岸なぎさ公園サインデザインのプロセスや、UR 都市機構での鳥飼野々2丁目団地などの色彩計画では、デザインがどのように地域の人々の暮らしの一部になっているのかをご紹介します。

領域横断的にプロジェクトを進めるUMA / design farmは、日常の未来を考え、デザインが日々の生活に溶け込む環境を探究しています。あらためて社会におけるデザインの役割を考える展覧会です。

UR都市機構の色彩計画(2017-)
VI, 色彩計画, サイン計画
Photo: Yoshiro Masuda

UR都市機構の色彩計画(2017-)
VI, 色彩計画, サイン計画
Photo: Yurika Kono

Good Job! Project(2012-)
プロジェクト, VI, サイン計画, パッケージデザイン
Photo: Yoshiro Masuda

Good Job! Project
ワークショップの様子
Photo: Michio Hayase

株式会社 斎藤管工業(2014-)
CI, サイン計画
Photo: Kohei Shikama

岡崎市 OKAZAKI CITY MAP(2018)
サイン計画
Photo: Yuya Yoshikawa

竹尾 淀屋橋見本帖(2018-)
VI, サイン計画, 企画ディレクション
Photo: Yoshiro Masuda

福智町図書館・歴史資料館ふくちのち(2017-)
プロジェクト, VI, サイン計画
Photo: Natsumi Kinugasa

UMA / design farm

2007年、原田祐馬により設立。大阪を拠点に文化や福祉、地域に関わるプロジェクトを中心に、グラフィック、空間、展覧会や企画開発などを通して、理念を可視化し新しい体験をつくりだすことを目指している。「ともに考え、ともにつくる」を大切に、対話と実験を繰り返すデザインを実践。現在のメンバーは、原田祐馬、山副佳祐、西野亮介、津田祐果、平川かな江、岸木麻理子、高橋めぐみの7人。受賞歴はグッドデザイン2016・金賞、日本サインデザイン最優秀賞、日本タイポグラフィ年鑑ベストワーク、CSデザイン賞準グランプリなど。

いろいろ凝り固まってるから、
横串で刺して、ガラガラポンしてほしい!
原田くんならできるやろ、頼むで。

数年前、とあるプロジェクトの打ち合わせで、約50 年続く奈良の福祉施設たんぽぽの家の理事長・播磨靖夫さんから言われた言葉です。一見なぞなぞのようなこの言葉は、今では、UMA / design farm の道しるべになっています。
「ともに考え、ともにつくる」を大切に。気づかぬうちに当たり前と思い込んでいる前提や偏見に対し、多元的な視点で向き合い、ときに笑い飛ばし、ときに議論を重ねながら、明日へつながるプロジェクトを育んでいます。
「Tomorrow is Today: Farming the Possible Fields」では、“明日をつくる今日” を全力で生きる僕たちが、さまざまな仲間たちと試行錯誤し、挑戦を続けるプロジェクトを紹介しています。ちゃんとガラガラポンできていたら幸いです。

UMA / design farm 原田祐馬

主催
クリエイションギャラリーG8

協力
株式会社中川ケミカル、株式会社竹尾、
株式会社山田写真製版所、株式会社MUESUM、
高野ユリカ、多田智美、水野大二郎

制作協力
石井浩、永田幹、松本悟、見島弘将、吉行良平  

朝野ペコ、鈴木裕之、タケウマ、山内庸資、ミヤザキ

大西麻貴+百田有希 / o+h、Office Yuasa、
京芸銅駝設計JV事務所、dot architects、
トミトアーキテクチャ、FUJIWALABO、
GEO-GRAPHIC DESIGN LAB.、中山英之建築設計事務所  

介護付有料老人ホームあべやま、有限会社かつれつ亭、
澤田酒造株式会社、TAISEI株式会社、株式会社TAM、
一般財団法人たんぽぽの家、株式会社中川政七商店、
NOTA&design、STOCK share office & kitchen、
株式会社福智ブランドファクトリー、福永紙工株式会社、
一般社団法人弥禮、森脇製陶所