1. TOP
  2. コンペティション
  3. 1_WALL
  4. 第6回写真「1_WALL」

1_WALL

第6回写真「1_WALL」

「表現」がますます多様化してきている現在、「表現する」ということに真剣に向き合う人たちと一緒に、新しい表現を考える場にしたいと思っています。そこには、ひとつひとつ壁を乗り越えていってほしいという気持ちと、壁一面に作品を表現してもらいたいという願いをこめました。

受付・選考期間

応募・審査は全て終了いたしました。

審査結果

公開最終審査

グランプリ

「贅沢」
熊谷勇樹
1988年生/玉川大学在学中
人は見たいものしかみていないのだろう。
しかしその先には、私たちがまだ想像のできる何かがある。

公開最終審査

「1_WALL」展会期中に公開で行う最終審査。ファイナリスト6 名は展示作品とグランプリ後の個展プランについてプレゼンテーションします。ポートフォリオ、展示、プレゼンテーションを基にした議論を経てグランプリを決定。

「1_WALL」展

2 次審査を通過した6 名のファイナリストによるグループ展。各自一壁面( 縦:2.5m× 横:3.85m)を使い作品を展示。展示されている作品はもちろん、展示空間の使い方や見せ方も含め評価されます。

二次審査通過

ファイナリスト

  • 「displacement」

    小山田邦哉

    1976年生

    東京造形大学卒業

  • 「WALLS」

    鬼頭志帆

    1980年生

    早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。ロンドン・カレッジ・オブ・コミュニケーション写真科修士課程修了

  • 「贅沢」

    熊谷勇樹

    1988年生

    玉川大学在学中

  • 「out line」

    小池裕也

    1987年生

    東京工芸大学卒業

  • 「幻肢痛」

    齋藤圭芸

    1980年生

    東京学芸大学大学院修了。日本写真芸術専門学校Ⅱ部卒業

  • 「眼をあけて夢をみる」

    真鍋奈央

    1987年生

    ビジュアルアーツ大阪卒業。現在東京でスタジオ勤務

審査員奨励賞

  • 宇田川直寛

    秋山伸選

  • 仲田絵美

    小林紀晴選

  • 生塩功

    鈴木理策選

  • 津田隆志

    光田ゆり選

二次審査

審査員と1 対1 のポートフォリオレビュー。ポートフォリオをもとに、作品や制作の動機を目の前の審査員に直接言葉で伝えることができます。レビュー終了後、審査員全員で審議をし、ファイナリスト6 名を決定。

一次審査通過

一次審査通過入選者

ポートフォリオ審査

ポートフォリオによる審査。デザイン、イラストレーション、写真など、第一線で活躍する審査員と事務局が、様々な視点から審査し、二次審査に進む30 名を決定。後日、審査コメントを応募者全員に送ります。

審査員

  • 秋山伸

    (グラフィックデザイナー、パブリッシャー)

    2000年schtucco設立。2008年edition.nord設立。写真集、アートブックを数多く手がける。2013年は、松江泰治・鈴木理策・中藤毅彦の写真集、大竹伸朗・中原浩大の展覧会カタログ、吉増剛増・川俣正のエディションが進行中。

  • 小林紀晴

    (写真家・作家)

    1968年長野県生まれ。東京工芸大学短期大学部写真科卒業。新聞社カメラマンを経て、1991年よりフリーランス。’97年『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞受賞。現在、雑誌、広告、CM、執筆などボーダレスに活動。写真集に『はなはねに』、『SUWA』、『days new york』、『homeland』など。

  • 鈴木理策

    (写真家)

    1963年和歌山県新宮市生まれ。2000年に写真集『PILES OF TIME』で第25回木村伊兵衛写真賞受賞。近著に『意識の流れ』(edition nord)、『海と山のあいだ』(amanasalto)、『Atelier of Cézanne』(Nazraeli Press)、『White』(edition nord)、『TORII』(SUPER LABO)、『写真分離派宣言』(青幻舎・共著)等。

  • 姫野希美

    (赤々舎代表取締役、ディレクター)

    2006 年に赤々舎を設立。写真集、美術書を中心に150冊余りの書籍を刊行。第33回木村伊兵衛写真賞の志賀理江子『CANARY』、岡田敦『I am』、第34回同賞の 浅田政志『浅田家』、第35回同賞の高木こずえ『MID』『GROUND』、第38回同賞の百々新『対岸』、第40回同賞の石川竜一『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』などがある。2014年より東京工芸大学教授。

  • 光田ゆり

    (美術評論家)

    美術館学芸員。京都大学文学部卒業。著書『高松次郎 言葉ともの ―日本の現代美術1961-72』(水声社)を刊行。ほかに『写真、芸術との界面に』(青弓社、日本写真協会賞)、『野島康三写真集』(赤々舎)、『大辻清司 出会いとコラボレーション』(共著、フィルムアート社)などがある。