1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 平本成海展「narconearco」

展覧会・イベント

第20回写真「1_WALL」グランプリ受賞者個展

平本成海展「narconearco」

  • 会期:2020.2.18 火 - 3.14 土
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m.
  • 日曜・祝日休館 入場無料
※新型コロナウイルス感染症に対する感染予防対策について
ご来場いただく皆さまには、感染拡大防止のため、入り口にあるアルコールでの手の消毒をお願いしています。また、ご来場いただく方々が多い場合は一時的に入場制限を行っていますので、ご協力よろしくお願いいたします。

 

平本成海は、新聞をモチーフに自室で一日一作品を制作し展示した「H30N」で、第20回写真「1_WALL」グランプリに選出されました。審査員からは、それぞれの作品のつながりに気づかされる展示構成や、作品の完成度の高さが評価されました。

平本は、毎日届けられる新聞に掲載されている画像や記事から着想を得て自室で作品をつくり、その新聞の刊行日中にSNSに載せる、という独自のルールのもと作品を制作しています。新聞から抽出した複数の画像をつなぎ合わせたり、細かく編集加工された作品には、不自然に変形した女性の顔や、辻褄の合わない風景など、どこか違和感があります。日々、制作され続けるこれらの作品が意図することとは一体何なのか。新聞を使って自室で制作される平本の作品には、部屋の内外、事実と虚構、公共と私、といった境界線が見え隠れするようです。
個展では、境界線やルールをキーワードに、空間全体を使った立体的な展示を行います。

会期中の3月11日(水)には、東京国立近代美術館主任研究員の増田玲さんを迎え、トークイベントを開催します。受賞から約1年後の個展を、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

平成31年4月22日 (988日目)

令和元年7月9日 (1066日目)

令和元年9月10日 (1129日目)

令和元年9月24日 (1143日目)

令和元年9月15日 (1134日目)

令和元年7月2日 (1059日目)

平本成海
2017年よりグループ展などで作品を発表。第20回写真「1_WALL」グランプリ。近年、「PGI Summer Show 2019 “monoとtone”」(PGI | 東京)などの企画展に参加。

 

作家ステートメント

11.同村では、明治初期ごろからたびたび目撃され「山の守り神」として大切にされてきたが、人里での発見は今回がはじめて。撮影した自然保護管理局の男性は「台風で山の環境が変わり下ってきたのではないか」と話した。ナルコネアルコはベルガルヤマネコの亜種で、世界最小のネコ科動物とされるが、詳しい生態は分かっていない。

23.「空気に飲まれてしまった」とエースの仲円。六回、4番打者へ初球、決め球のナルコネアルコをライトスタンドへ叩き込まれ逆転を許すと、連打を浴び、この回6失点で降板。県大会屈指の防御率を誇る大黒柱は、チームを甲子園に導くことはできなかった。

37.一方、創薬ベンチャーのナルコネアルコ株は3日連続のストップ高。開発中のLLI(致死性家族性不眠症)治療薬の臨床第2相試験結果が良好だったことが、買い材料視された。LLIは近年、患者数が急増しているが根治薬はなく、開発が待望されている。

64.このうち境内入り口に設置された一台に、17日23時50分ごろ、目出し帽を被った不審な人物が本殿に入っていく姿が映っていた。燃やされた発光如来が納められていた厨子には、ナルコネアルコのようなものでこじ開けた痕跡があったことが分かっている。

76.ランウェイに黒い人工雪を降らせるスペクタクルな演出で話題を集めたNARCONEARCO。今シーズンは1920年代の再解釈がテーマ。メゾン創業初期の代名詞だった千鳥格子のコートを筆頭に、現代的なシルエットで蘇った数多の名作アイテムがコレクションを彩る。

平本成海

 

審査員より

毎日自宅に届く地方紙の紙面から選んだ写真を複写し、それを加工して新たなイメージをつくり、その日のうちにSNSにアップする。平本成海の制作プロセスとは、そのサイクルの反復である。個々のイメージは謎めいている。これらはいったい何なのか?
「写真はコードなきメッセージである」とはロラン・バルトの言葉だ。語義と文法に従えば、少なくとも文字通りの意味は了解される言語記号とは異なり、メッセージとして発信された写真には、読解のための汎通性のある規則=コードは存在しない。にもかかわらず、私たちは日常にあふれかえる写真に対して、あらためて疑問を抱くでもなく接している。narconearcoはおそらくそういうことをめぐって発信されたメッセージだ。
だとすれば、どうやら受信者として指定されているらしい私たちに期待されているのは、個々のイメージの謎を解くことではなく、それらを謎として受けとる私たちの思考そのものを観察することなのではないか。そんな受信の作法を身に着けた時、ひょっとすると謎はいっそう深まるのかもしれないけれど。

増田玲(東京国立近代美術館主任研究員)

主催:ガーディアン・ガーデン