1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. Ryu Ika展「The Second Seeing」

展覧会・イベント

第21回写真「1_WALL」グランプリ受賞者個展

Ryu Ika展「The Second Seeing」

  • 会期:2020.8.18 火 - 9.12 土
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m.
  • 日曜休館 入場無料 要予約

    *オープニングパーティーについて
    新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、ご参加いただく皆さまの健康と安全を考慮し開催を中止します。ご理解いただきますようお願いいたします。

    *ウェブサイトでご予約の上、ご来場いただきますようお願いいたします。当日や直前でも定員に達していない場合は来場登録後ご案内が可能です。来場予約フォームは8月4日(火)11:00にこのページでご案内します。入口で体温測定、手指消毒、マスク着用のご協力と、ご来場者様同士の社会的距離2mを確保いただき、37.5℃以上の発熱、咳・咽頭痛、全身倦怠感などの症状がある方は来場をお控えください。お越しいただくまでも感染予防に努めていただきますよう、ご協力よろしくお願いいたします。

Ryu Ika(劉 怡嘉)は、現実世界を舞台に見立て、空虚に感じる現実の本質に迫ろうとした「Big Brother is Watching You」で、第21回写真「1_WALL」グランプリを獲得しました。審査員からは、捉えている世界のスケールが大きいことや、作品一点一点の力強さが高く評価されました。

Ryuは写真を通して、この世界の仕組みや、物事の真実とは何かを見出そうとしています。内モンゴルで撮影した電飾ネオンが眩しいホテルや、暗闇に光る羊群の目、色とりどりの幼稚園の建物、活き活きと生活する人々の写真は、見る者に鮮烈な印象を残します。内モンゴルの経済発展と従来の生活様式との間のずれや、均質化した日本の社会システムの見えない隔たりに、この世界の劇場性を感じ取り、写真で現実を切り取り表現しています。この世の中という舞台の上で、さらに異なる世界が設定されているのではないか、ここに生きる私達は自分という役を演じ常に誰かに見られているのではないか、写真を通じて訴えかけてくるようです。個展では、展示空間を舞台に見立て、空間全体を使った展示を行います。

会期中の9月2日(水)は、「1_WALL」の審査員でもある赤々舎代表取締役 ディレクターの姫野希美さんをお迎えし、トークイベントを開催します。受賞から約一年後の個展を、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ryu Ika (劉 怡嘉)

中国、内モンゴル生まれ
2015 武蔵野美術大学映像学科 入学
2018-2019 パリ国⽴高等美術学校 協定留学
2020 武蔵野美術大学 卒業
2020 C.C Culture Centreのメンバーとして活動を開始

受賞
2020.01 武蔵野美術大学卒展 ⼩林のりお 個人賞 Christophe CHARLES個人賞
2019.10 T3 PHOTO FESTIVAL ベストポートフォリオ グランプリ賞
2019.10 第21回写真「1_WALL」 グランプリ
2018.03 第18回写真「1_WALL」 姫野希美賞

コレクション
清里フォトアートミュージアム12点収蔵

個展
2019.11.19-12.07 企画展「いのちを授けるならば」 ふげん社 (東京・東銀座)
2019.06.06-06.17 企画展「Puzzle Mapping」 AMAC Projects ギャラリー (フランス・パリ)

グループ展、他
2020.07.07-07.19 Culture Centre in flotsam books
2020.07.01-11.08 2019年度ヤング・ポートフォリオ 清⾥フォトアートミュージアム
2020.07 ZINE『A part of u/me』刊行
2020 06.11-06.28 企画展「コロナの春」 ふげん社 (東京・東銀座)
2020.06 ZINE『Big brother is watching you』刊行
2020.01 武蔵野美術大学 卒業展
2019.10 第21回写真「1_WALL」展 ガーディアン・ガーデン (東京・銀座)
2019.04 ZINE 『Through』刊行
2019.04 ZINE 『Sacrifice』刊行
2019.03.21-06.16 2018年度ヤング・ポートフォリオ 清⾥フォトアートミュージアム
2019.02 パリ国⽴高等美術学校 右ギャラリー Mom Land
2018.12 パリ国⽴高等美術学校 アトリエ Guillaume PARIS WEEK
2018.11 パリ国⽴高等美術学校 右ギャラリー BLOW UP
2018.11.07-11.14 Photo Saint-Germain au Beaux-Arts de Paris (フランス・パリ)
2018.06.22-06.24 Shanghai Art Book Fair 参加
2018.06 ZINE『腸』刊行
2017.01 ⽇中交流展 東一時間 (中国・上海)

作家ステートメント

なんで私は毎日服を着るんだろう?
なんで神聖な場所の中では悪い事ができないんだろう?
なんで自分と他人を見分ける事ができるんだろう?

私が何かを見るとき、同時に、その何かにみられるということから、決して自由になることはできない。それは、自分の中から第二の自分(他人)を分裂し、自分という存在を「見直す」ことなのかもしれない。

みている。
みられている。
みられている側もみられている。

完全な自我を束縛するには演技が必要になる。
そうやって、社会というものは作られている。

今日も幕が開いた。
私の出番だ。

Ryu Ika

 

審査員より

Ryu Ikaの写真は、フラッシュを焚く以外には、人為的な操作を比較的抑えた写真であると言える。だが、そこには強烈な劇場性と虚構性がある。そして、それは、写真が本来的に世界内世界をつくりあげてしまうものであるという、写真の存在論自体に関係する。
写真は世界を切り取る装置である。それは、世界のなかにもうひとつ「別の」世界が立ち上がることだ。ゆえに、すべての写真は、世界内世界の入れ子を表現する。ジム・キャリー演じるトゥルーマンの人生が衆人環視のもと見せ物化される『トゥルーマン・ショー』と同じく、写真の世界内世界としてのあり方は、必然的かつ部分的に、虚構的・演劇的であらざるを得ない。だが、それは、トゥルーマン(真の人間)のショー(見せ物)という真/偽の二重性をもつ。Ryuの写真は、それと同様の、架空の真実を垣間見せている。
Ryuは、『トゥルーマン・ショー』の監視構造と似たジョージ・オーウェルの小説『1984』に登場する、国民行動のすべてを監視する「ビッグ・ブラザー」に撮影者である自身の姿を重ねてグランプリ受賞作を撮った。COVID-19の脅威が世界を覆う現在、グランプリ受賞者個展は無事実現されるのだろうかという懸念は残る。そして、このパンデミックを契機として、現在、各国政府による統治と監視の権力が強まることが懸念されている。いまや「ビッグ・ブラザー」は現実のものになろうとしている。
入れ子状の世界内世界を撮影しようとし続け、見ることと見られることの関係に強い関心を抱き続けてきたRyuの写真は、図らずもこの事態と同期してしまったと言えるかもしれない。もちろん彼女の写真は、このことを直接示唆するわけではない。だが、そのことと完全に無関係であるわけでもない。われわれすべてが、トゥルーマンとなりつつあるという現実と、その写真は対応しているからである。

沢山遼(美術批評家)

主催:ガーディアン・ガーデン