1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 服部公太郎展『物(モノ)』

展覧会・イベント

第28回 グラフィックアート『ひとつぼ展』グランプリ受賞者個展

服部公太郎展『物(モノ)』

  • 会期:2008.3.24 月 - 4.3 木
  • 時間:12:00p.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは、3月24日から服部公太郎展(グラフィックアート展)を開催いたします。服部は、昨年4月に開催された第28回グラフィックアート『ひとつぼ展』(公募展) において、グランプリを受賞し、一年の制作期間を経て今回の個展開催にいたりました。

服部公太郎は、一年前の『ひとつぼ展』で、絵を描くためのキャンバスを、作品を作るための素材として見直し、そこから鹿のオブジェを作り上げました。その新鮮な発想と未知数の可能性が評価され、グランプリを獲得しました。服部は、様々な方法で、身近にあるものを見知らぬ物、別の物へと作りかえます。完成した「物」は、遊び心があり、存在感があり、見る側の思考に働きかけます。

服部公太郎

1977年 岐阜県生まれ
2001年 東京芸術大学美術学部卒業
2002年 ベネトン奨学金プログラム[FABRICA]に滞在
2005年 東京芸術大学美術学部大学院修了

[受賞歴]
1999年 アーバナート#8 審査員特別賞
2000年 写真新世紀展 佳作
2003年 GEISAI#6 審査員賞
2006年 FOR RENT FOR TALENT 入選
2007年 第28回グラフィックアート『ひとつぼ展』 グランプリ

[展覧会]
1999年 アーバナート#8(渋谷パルコ)
2000年 写真新世紀展(表参道)
2003年 ミラノサローネ出品参加
2004年 Aランチ(AXIS GALLERY ANNEX/六本木)/個展「Point to Circle」(ギャラリーROCKET/表参道)
2005年 俺の石膏像展(EXPO/上野)
2006年 Nameless Object(フタバ画廊/銀座)/FOR RENT FOR TALENT(三菱地所アルティアム/福岡)
2007年 第28回グラフィックアート『ひとつぼ展』(ガーディアン・ガーデン/銀座)

展示内容
身近な物を素材にして作り上げた平面作品や立体作品の数々を、新作を中心に展示予定。

展示によせて
『物』を作りたいと思っている。それは、見えない声を発し、概念をゆさぶる物であってほしい。
戯けながらも、価値のある物であってほしい。そこに物語がなくても、生まれた理由がある物であってほしい。
そして、未来にどこかの星の波打ち際で揺れている、そうであったらなおうれしい。

第28回グラフィックアート『ひとつぼ展』
2007年4月9日(月)〜4月27日(金)開催
公開二次審査会 2007年4月25日(水)
以下の審査員により選出されました。

浅葉克己(アートディレクター)
上田三根子(イラストレーター)
小阪淳(アーティスト)
佐野研二郎(アートディレクター)
大迫修三(クリエイションギャラリーG8)
※五十音順、敬称略