1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第24回 グラフィックアート『ひとつぼ展』

展覧会・イベント

第24回 グラフィックアート『ひとつぼ展』

  • 会期:2005.2.7 月 - 2.24 木
  • 時間:12:00p.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

ポートフォリオによる一次審査を通過した出品者10名が、それぞれ一坪(1.82m×1.82m)のスペースの中で作品を構成し、 発表する『ひとつぼ展』。二次審査会でグランプリに選ばれると、1年後にガーディアン・ガーデンで個展を開催する権利が贈られます。 第24回グラフィックアート『ひとつぼ展』は、2月7日(月)から開催されます。文字を通して自分自身を表現したタイポグラフィの作品、 顔に直接ペイントしたりマスクを作ったりして自分の顔をキャンバスに見たてた作品、思い描く楽園を、緻密なタッチで表現した作品、 この他にも都市を立体で表現した作品や、来場者に参加してもらうことで成立する作品など、様々な表現を試みる作家の作品を、是非会場でご覧ください。 グランプリを決定する二次審査会は、会期中の2月17日(木)に開催されます。一般入場者の目前で出品作家によるプレゼンテーションが行われ、 下記の5名の審査員の熱い議論が闘わされた後、グランプリ1名が決定いたします。

池田哲夫

1969年生まれ。JACA'95日本ビジュアルアート展入選、2003年ターナーアクリルアワード入選、2004年第138回ザ・チョイス入選、2005年第24回グラフィックアート『ひとつぼ展』入選。

岩松翔太

川上恵莉子

桑原英里

1981年生まれ。多摩美術大学大学院グラフィックデザイン学科イラストレーション専攻1年『PARADISE』
苦しみを多く抱えているからこそ追い求める幸せな楽園世界。
私は見た人が楽園にトリップすることができるような作品を描いている。

鈴木清美

1980年愛知県出身。2004年愛知県立芸術大学大学院美術学部修了。現在アルバイトをしながら作品制作を続ける。2003年第11回ユニオン造形デザイン賞入選、第24回グラフィックアート『ひとつぼ展』。

高橋弘子

太湯雅晴

2004アジアデジタルアート大賞 入選
EPSON COLOR IMAGING CONTEST 2004 入選
2004年度[第8回]文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦賞
第24回 グラフィックアート『ひとつぼ展』グランプリ

高木佳世

1978年千葉生まれ。 武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒。 約9年間、総合卸売商社にて、カタログデザイン、テキスタイルデザインを担当。 現在は、紙や布、糸を使い、本の形をした作品制作を中心に活...

米窪雄介

2004年 東京工芸大学芸術学部デザイン学科卒業 第24回グラフィックアート『ひとつぼ』展入選

審査員
浅葉克己(アートディレクター)
タナカノリユキ(アーティスト/アートディレクター)
ひびのこづえ(コスチューム・アーティスト)
若尾真一郎(イラストレーター)
大迫修三 (クリエイションギャラリーG8)
※五十音順 敬称略

第20回までの『ひとつぼ展』をまとめた、『ひとつぼ展』20回記念誌を販売しております。
「グランプリ受賞者個展」の作品、これまでの全出品者488人の作品、公開二次審査会レポートなどを掲載した充実の一冊です。
販売価格:1,500円(消費税込み)