1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第19回 写真『ひとつぼ展』

展覧会・イベント

第19回 写真『ひとつぼ展』

  • 会期:2002.4.1 月 - 4.18 木
  • 時間:12:00p.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは来る4月1日(月)から一次審査を通過した10名による第19回写真『ひとつぼ展』を開催いたします。 グランプリ獲得者に個展開催の権利が贈られる『ひとつぼ展』、今回も全国から沢山の応募がありました。まるでファッションの ひとつのように、写真は若者の間で身近に自己表現をするツールとして定着しているようです。その中からポートフォリオによる 一次審査を通過した10名は、そのうち9人が女性と、久々に女性パワーを見せつけられました。また、最近普及している「デジタルカメラ」 で撮影した作品も3件選ばれており、一見、デジタル写真かどうか見分けがつかないほど、技術も精度も上がり、そして気軽に撮って、 見られて、消すことができるという点でも「デジタル」がまたひとつの時代をつくっていきそうです。
作家の多くは「自分との関わり」を求めて、母の実家の何気ない光景を撮ったり、兄弟の結婚や、飼い猫の死など身のまわりに起きた 出来事を記録した作品が目立ちました。
この10人が一坪(1.82m×1.82m)というスペースの中で、自分なりのスタイル、オリジナリティーをどのように展開するのか、そして、 会期中の4月4日(木)の公開二次審査会で誰がグランプリになるのか、非常に楽しみです。

明石瞳

千葉県生まれ。和洋女子大学服飾生活学科卒業。東京ビジュアルアーツ卒業。第23回写真『ひとつぼ展』グランプリ受賞。 出版物 『紅い眩迷』 FOTO FILE PRESS

池谷美緒子

1966年東京都出身。1987年文化服装学院技術専攻科卒業。
1996年頃より写真を撮り始める。2002年第19回写真『ひとつぼ展』入選。

岡部桃


1981年東京生まれ。2004年日本大学芸術学部卒業。

1999年写真新世紀優秀賞受賞、荒木経惟選(P3 art and environment)
2002年第19回『ひとつぼ展』入選。(ガーディアン・ガーデン)
2004年エプソンカラーイメージングコンテスト特選受賞(東京国際フォーラム)
2007年写真新世紀佳作受賞、荒木経惟選(東京都写真美術館)
2009年エプソンカラーイメージングコンテスト審査員賞受賞
2010年ヨコハマフォトフェスティバル展(横浜赤レンガ倉庫1号館)

2014年KASSEL PHOTOBOOK AWARD 入選(ThePhotoBookMuseum Cologne)

トーキョーポートフォリオレビュー展(NADiff A/P/A/R/T)

2015年FoamPaul HufAward2015 受賞(Photography Museum Amsterdam)

 

写真集に

2012年UNSEEN/TSUNAMI(with Kohey Kanno)(Dashwood Books, NY)

2013年DILDO(session press, NY)

2014年バイブル(session press, NY)等がある。

田中沙織

ERIC

1976年香港生まれ。 受賞:2009年第9回さがみはら写真新人奨励賞受賞「中国好運|GOOD LUCK CHINA」、2004年第2回ビジュアルアーツフォトアワード大賞受賞「everywher...

中塚佐智子

永沼敦子

1978年鹿児島県生まれ。2002年東京綜合写真専門学校第2芸術学科卒業。2009年2月より鹿児島県に拠点を移す。

展示:2009年「虹の上の森」/ニコンサロン(大阪)、2008年「虹の上の森」/ニコンサロン(新宿)、2006年「Magic Mirror -ひとつぼ展の軌跡-」/京都造形大学Gallery RAKU、2005年「ハエプラネット」/GUILD GALLERY、「NEW DIGITAL AGE 2」/Krasnoyarsk Museum Center(ロシア)、第5回中国平遥国際写真フェスティバル(中国)、2004年「ギンザ・フォト・ストリート1930-2004 」/HOUSE OF SHISEIDO、2003年「bug train in KOREA」/Days Photo gallery、「にせものトレイン」 フォト・プレミオ コニカミノルタプラザ 特別賞受賞、「NEW DIGITAL AGE」/Levall Art Gallery(ロシア)、2002年「ハエの狙い目」 第19回写真『ひとつぼ展』出展

藤田裕美子

モモセヒロコ

1974年 長野県生まれ 2000年 武蔵野美術大学卒業 主な個展: 2004年「海の底をのぞく」(ホワイトキューブKYOTO/京都) 2006年「Stone Deaf」(ギャラリーみるめ...

吉田知世

武蔵の美術大学映像学科卒業後、NYに活動の拠点を移す。現地でセットアップポートレートを中心に、作品作りに取り組みながらコマーシャルの仕事を東京、NYで手がける。現在は、NYのRare Galleryで...

審査員
青葉益輝(アートディレクター)
浅葉克己(アートディレクター)
飯沢耕太郎(写真評論家)
上田義彦(ゲスト審査員/写真家)
土田ヒロミ(ゲスト審査員/写真家)
平木収(写真評論家)
大迫修三(クリエイションギャラリーG8)
※五十音順、敬称略