1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第26回 写真『ひとつぼ展』

展覧会・イベント

第26回 写真『ひとつぼ展』

  • 会期:2006.4.3 月 - 4.20 木
  • 時間:12:00p.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

ポートフォリオによる一次審査を通過した出品者10名が、それぞれ一坪(1.82m×1.82m)のスペースの中で作品を構成し、発表する『ひとつぼ展』を4月3日(月)より開催いたします。会期中の二次審査会でグランプリに選ばれると、1年後にガーディアン・ガーデンで個展を開催する権利が贈られます。
高校生と向かい合い、彼らの微妙な年齢の危うさを捉えた作品、イエスキリストに興味を持ち、生きるということをイエスの視線で捉えようと試みた作品、写真を撮ることで、日常の曖昧な記憶を目に見えるカタチとして残そうとしたモノクロ作品など、オリジナリティ溢れる作品が集まりました。
グランプリを決定する二次審査会は、会期中の4月7日(金)に開催されます。一般入場者の目前で出品作家によるプレゼンテーションが行われ、下記5名の審査員の議論の後、グランプリ1名が決定いたします。

青木美奈子

1977年兵庫県生まれ。 2002年東京綜合写真専門学校 第2学科卒業。カメラマンアシスタントを経て、現在フリー。2006年第26回写真『ひとつぼ展』。

うつゆみこ

1978年 生まれ
2001年 早稲田大学第一文学部中退
2002年 東京写真学園写真の学校修了

[受賞歴]
2003年 第20回コダックチャレンジフォトコンテスト/共同写真用品賞・ライトアップ賞
2004年 第21回コダックチャレンジフォトコンテスト副会長賞・ナショナルフォト賞入賞
2005年 第25回写真『ひとつぼ展』入選
2006年 第26回写真『ひとつぼ展』グランプリ

小野啓

1977年京都府出身。 2002年より日本全国の高校生のポートレートを撮り続けている。 写真集に『青い光』。『桐島、部活やめるってよ』(朝井リョウ)、『アンダスタンド・メイビー』(島本理生)など...

金川晋吾

1981年京都府生まれ。2005年インターメディウム研究所(IMI)修了。2006年神戸大学発達科学部人間発達科学科卒業。現在、東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻博士後期課程在籍。

受賞:2010年第12回三木淳賞、2007年第28回写真『ひとつぼ展』入選、2006年第26回写真『ひとつぼ展』入選

展示:2011年「第12回三木淳賞受賞作品展 father」/ニコンサロン(大阪)、「ShContemporary:DISCOVERIES(curated by片岡真美, Manray Hsu, Colin Chinnery) 」/Shanghai Exhibition Center(上海)、2010年「第12回三木淳賞受賞作品展 father」/新宿Nikon Salon(東京)、「ヨコハマフォトフェスティバル」/赤レンガ倉庫(横浜)、2010年「father」/東京藝術大学学生会館展示室(東京)、2010年「father」/新宿Nikon Salon(東京)、2007年第28回写真『ひとつぼ展』/ガーディアンガーデン(東京)、2006年第26回写真『ひとつぼ展』/ガーディアンガーデン(東京)

出版:2009年「and animals」(MUSEUM)

菊池良助

須藤哉治

1978年横浜市出身。広告写真制作会社でカメラマンアシスタントを経て本格的に写真作家活動を始める。
2006年第26回写真『ひとつぼ展』
2007年個展「その先の光景」(PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo) 
その他、グループ展参加。

頭山ゆう紀

1983年千葉県市川市出身 2004年専門学校東京ビジュアルアーツ写真学科卒業 2004年清里ヤングポートフォリオ展、作品収蔵 2006年第26回写真『ひとつぼ展』入選

藤井昌美

1980愛知県生まれ 2009美学校ドローイングゼミ 修了 2001日本デザイナー芸術学院 写真専科2部 修了 個展 2012「ききみみ」/ガーディアン・ガーデンWEB GALLERY 20...

森川智之

矢吹健巳

審査員
石内都(写真家)
後藤繁雄(編集者/クリエイティブ・ディレクター)
小林紀晴(写真家)
平木収(写真評論家)
大迫修三 (クリエイションギャラリーG8)
※五十音順、敬称略