1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 阪本勇展「天竺はどこや!!」

展覧会・イベント

The Second Stage at GG #35

阪本勇展「天竺はどこや!!」

  • 会期:2014.5.12 月 - 5.29 木
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは、「The Second Stage at GG」シリーズ第35弾を開催する運びとなりました。若手表現者を応援しようと1992年から2008年まで開催した公募展『ひとつぼ展』、2009年にスタートした「1_WALL」の入選者の中からは、各界で活躍する作家が数多く登場しています。このシリーズは、そうした『ひとつぼ展』と「1_WALL」の卒業生たちのその後の活動を伝えるための展覧会です。

今回の第35弾では、写真家の阪本勇をご紹介します。阪本は「天竺はどこや!」で第27回写真『ひとつぼ展』に入選しました。阪本は一貫して、自身の根底から溢れ出る「衝動」に突き動かされながら、シャッターを切り、制作を続けてきました。「三蔵法師が、どこにあるのかわからない天竺へ向けて歩いた一歩一歩。それが自分にとっての写真一枚一枚だ」と語るように、この世のありとあらゆる現場や現象を写真におさめたいと、様々な被写体と真正面から向き合います。しかし、それはただ刺激的な視覚体験を追い求めるものではなく、親しい友人がふと見せる表情や、身近な風景のなかにも、見たことのないものへの「衝動」を見出します。言い換えれば、それは阪本自身が紡ぎだす、人との繋がりや想いの中から現れる、喜びの有り様なのかもしれません。「人は皆、それぞれの手段で、それぞれの天竺を目指しているのだと思う」と言うように、写真を撮ることで、自身の天竺に向かって歩く阪本の行き先を、ぜひ会場でご覧下さい。

阪本勇

1979年大阪生まれ。日本大学芸術学部写真学科中退。写真家 本多元氏に師事後、独立。現在東京在住。エディトリアル、コマーシャル等の分野で大活躍(したい!)。箕面の山で猿と共に育った彼も今や大都会東京で暮らしております。自称織田裕二。高校時代はとにかく長距離が速く、声もでかい。母親はハスキーボイス。よく一緒にミスドへ行き、箕面の山に写真も撮りに行きました。自宅の電気・水道・ガスは料金未払いでよく止められていた。高校卒業後、インドに一人旅。高校の先輩である矢井田瞳の撮影のアシスタントをした際、「箕面高校」とあだ名をつけてもらった。(友人Y談)

受賞:2010年作村裕介の『うっ~ん!モーレツッ!!』 月刊ブログ大賞、2008年塩竈フォトフェスティバル フォトグラフィカ賞、2006年第27回 写真『ひとつぼ展』入選
/ガーディアン・ガーデン

展示:2010年『大・阪本勇写真展』/海岸通ギャラリー・CASO(大阪)、 『昼光ジャズ』 /アートセンター・オン・ゴーイング(東京)

展示によせて
「コンセプトはなんですか」と聞かれるたびに困ってしまう。
進み過ぎた現代社会へのアンチテーゼだとか、世界の恒久な平和を願ってだとか、なんとでもテキトーなことは言えるんだろうけど、やっぱり思ってもないことは口にしたくない。第一、そんなことを思いながら一枚一枚シャッターを切っていたらすぐに22世紀になってしまう。

コンセプトはなく、衝動がある。
衝き動かされては走り、衝き動かされては撮る。じゃあその衝動は一体なんだと問われたら、いっぱいあり過ぎて答え切れない。

アンモナイトの化石を手にした時のこと。初めて女の子に告白された時のこと。友達の家に集まってアダルトビデオ鑑賞をした時のこと。秘密基地のこと。小学校の屋上で見た流星群。

身の回りの出来事だけじゃない。未だに現代文明に触れていない民族がまだいることとか、火星に生命体が存在する可能性とか。シロクマの毛を刈ると真っ黒になることとか、ハシビロコウの容姿とか。ミナミゾウアザラシの大きさとか、UMAの存在とか。深海のこととか、宇宙のこととか。それら全てのことが僕が写真を撮る衝動になっている。

それらの衝動をコンセプトと呼んでいいのなら、僕のコンセプトはこの世あの世の有象無象、一切合切全てを含めた森羅万象の出来事なのです。

阪本勇