1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第12回グラフィック「1_WALL」展

展覧会・イベント

グラフィック界の次世代を担う若手を発掘する

第12回グラフィック「1_WALL」展

  • 会期:2015.3.23 月 - 4.16 木
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第12回グラフィック「1_WALL」展を開催します。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展で作品を発表します。会期中の4月1日(水)には、グランプリを決定する公開最終審査が開催されます。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、一般見学者にも公開される審査員による議論の後、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には1年後の個展開催とパンフレット制作の権利が贈られます。

カレーライスをモチーフに、心象風景を表した松本さんの映像作品。キャラクターや図形、文字等、脈絡のないものを構成することで、無関係なもの同士がつながりを生み出していくことの面白さを見いだす堺さん。同じモチーフを繰り返し描くことで、イラストレーションとパターンの境界に迫る唯二さん。複数のパーツに分けたドローイングや、立体作品を融合させることで独自の世界観を表現するAokidさん。仮想空間と現実空間に対する人間の認識を身体感覚を通じたドローイングによって描き出す宮原さん。紙を編んで様々なビジュアルを作ることで、グラフィックとテキスタイルの間の表現の可能性を探る鈴木さんの作品。今回のグラフィック「1_WALL」も多種多様な表現が集まりました。

  • Aokid Aokid

    「KREUZBERG」
    1.Berlinにある一つの地区。
    2.断片。世界の断片を並べたりたてかけたりして、軽やかにフラットにスペースに、へ、展開してみる。

  • 堺友里 Yuri Sakai

    「Elysium」
    色々な要素がそこにある事が、それだけで美しさを作っていく。
    アンバランスさがバランスを作り、無関係な物がつながりを生み出していく良さを感じていたい。

  • 鈴木葉音野 Haneno Suzuki

    「PAPER | FABRIC」
    紙の情報をのせるメディアとしての一面と物質性の一面とを掛け合わせ、紙を編むという最小限の要素をもとにグラフィックとテキスタイルの間の表現の可能性を探りました。

  • 松本ミョジ Myoji Matsumoto

    「わすれたがらない人」
    遠いんだろうな〜と思ってたけど、逃げてるのか追いかけてるのかわからなくなってきたよ。

  • 宮原万智 Machi Miyahara

    「invisible layers」
    観察から、抽象化
    何層も見えないレイヤーを通して
    ある都市(空間)に流れるエネルギーや記憶を
    ドローイングで記録しています

  • 唯二 Yuiji

    「パターンネイション」
    パターンとイラストレーションとのあいだなのか、まじわりなのか。

Aokid

1988年東京都生まれ。2010年東京造形大学映画専攻卒業。Aokid city 所属。 受賞:2014年第10回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト、2011年第5回グラフィック「1_W...

堺友里

1988年徳島県生まれ。2010年東京工芸大学卒業。 展示: 2017年 個展「どうか傷ついてまいってしまわないように」野方の空白 2017年 個展 やわらかい友達 新宿眼科画廊 2016...

鈴木葉音野

1989年東京都出身。2012年桑沢デザイン研究所卒業。2015年東京藝術大学大学院修了。 紙の情報をのせるメディアとしての一面と、厚み・色・質・匂いなど物質性の一面とを掛け合わせ、紙を編むという最...

鰹とニメイ

1994年生まれ。東京藝術大学絵画科油画専攻在籍

宮原万智

1988年生まれ。 グラフィックデザインの制作を軸に 人間の情報、空間認識について考察をしながらドローイング、 インスタレーション作品の制作を行う。

唯二

1993年滋賀県出身。2016年京都造形芸術大学卒業予定。 第12回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト。

審査員(50音順、敬称略)

居山浩二(アートディレクター、グラフィックデザイナー)
1967年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。日本デザインセンターを経て、イヤマデザイン設立。主な仕事に集英社「ナツイチ」、カモ井加工紙「mt」、東京大学医科学研究所など。JAGDA新人賞、カンヌライオンズ金賞、SPIKES ASIAグランプリ、NY ADC金賞、CLIO金賞、SDA最優秀賞など受賞多数。
大原大次郎(グラフィックデザイナー)
1978年神奈川県生まれ。2003年武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。同年omomma設立。デザインワークや映像制作に従事するほか、展覧会、ワークショップ、パフォーマンスなどを通して、言葉や文字の新たな知覚を探るプロジェクトを多数展開する。2014年JAGDA新人賞、TDC賞受賞。 http://omomma.in/
都築潤(イラストレーター)
1962年東京生まれ。武蔵野美術大学卒業。80年代から00年代までにグラフィック系コンペや広告賞で多数受賞。10年「ニューエイドス」13年「都築潤×中ザワヒデキ」を展示開催。15年「ニューエイドス以降/検証1980-2000」開講。『日本イラストレーション史』監修執筆。NHK高校講座「美術1」監修出演。jti.ne.jp
長崎訓子(イラストレーター)
1970年東京生まれ。多摩美術大学染織デザイン科卒業後、フリーのイラストレーターとして、書籍、広告などで活動中。代表的な装画に『金持ち父さん貧乏父さん』(筑摩書房)、『武士道シックスティーン』(文藝春秋)など。女子美術大学デザイン・工芸学科ヴィジュアルデザイン専攻准教授。
室賀清徳(『アイデア』編集長)
1975年新潟県生まれ。東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。(株)誠文堂新光社にてデザイン誌『アイデア』をはじめ、デザイン関連書の編集に携わる。武蔵野美術大学、東京藝術大学、ミームデザイン学校ほか教育活動にも関わる。

主催 ガーディアン・ガーデン