1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第22回グラフィック「1_WALL」展

展覧会・イベント

グラフィック界の次世代を担う若手を発掘する

第22回グラフィック「1_WALL」展

  • 会期:2020.3.17 火 - 4.18 土
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m.
  • 日曜・祝日休館 入場無料

    *レセプションについて
    新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、ご参加いただく皆さまの健康と安全を考慮し開催を中止します。大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願いいたします。

    *新型コロナウイルス感染症に対する感染予防対策について
    ご来場いただく皆さまには、感染拡大防止のため、入り口にあるアルコールでの手の消毒をお願いしています。またご来場いただく方々が多い場合は一時的に入場制限を行います。ご協力よろしくお願いいたします。

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、ガーディアン・ガーデンは3/27(金)17時から3/31(火)まで一時休館いたします。4/1(水)から再開いたしますが、閉館時間を17 時に変更、また会期を短縮し、4/3(金)の5:00p.m. で終了といたします。何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第22回グラフィック「1_WALL」展を開催します。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展です。会期中の3月23日(月)には、一般見学者にも公開される最終審査会を開催します。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、審査員による議論を経て、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には、1年後の個展開催の権利と、個展制作費30万円が贈られます。

キャンバスにアクリル絵具と墨でドーナッツを描くおおだいらまこ。三角チャコや膠などを用い、おんどりを描いた小林喜一郎。「縁なき衆生は度し難し」の世界観を表現したちぇんしげ。制作過程の間に生じるノイズの様なテクスチャを重ねて植物を描く水上雄太。色鉛筆や鉛筆で生き物を描いた森ひなた。ポップなキャラクターを描くWAN_TAN。今回の「1_WALL」展は、以上6名によるグループ展です。

ちぇんしげ Chen Shige

  • おおだいらまこ Mako Oodaira

  • 小林喜一郎 Kiichiro Kobayashi

  • 水上雄太 Yuta Mizukami

  • 森ひなた Hinata Mori

  • WAN_TAN Wan Tan

おおだいらまこ Mako Oodaira
1995年生まれ。尾道市立大学大学院美術研究科在籍。

「美味しいドーナッツは誰のもの?」
作品と鑑賞空間の関係をテーマとし、主に絵画作品を制作。既存の枠組みにとらわれずに、絵画が空間に対して行いうるアプローチの可能性を探っている。

小林喜一郎 Kiichiro Kobayashi
1995年生まれ。武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻卒業。

「年賀状だけの関係が終わる。」
年賀状だけの関係が終わる。
昨日いじめた若いおんどりがくよくよするなよと鳴く。
僕は閉ざされた道に別れを告げ新しい道を行く。

ちぇんしげ Chen Shige
1993年生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース在籍。

「《五円》なき衆生は度し難し」
五円玉水石招き猫流れ星彗星色々語への不信甲乙間にずれ有り不確定性曖昧さ余白もしくはご縁?うむ晋三の財布内に常に五円玉が入っているのかしら?

水上雄太 Yuta Mizukami
1997年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科在籍。

「PLANTS」
綺麗だけが魅力じゃない、植物が持っている異常な生命力をノイズで表現。
現代の同質化されたデジタル表現に向けた私のささやかなカウンター。

森ひなた Hinata Mori
1995年生まれ。女子美術大学短期大学部造形学科創造デザインコースメディア卒業。

「あつめる」
そこから地鳴りが聞こえてくるような、地の深く下でずっと燃えているもののような、揺るがない、圧倒的なものに対する憧れ。越えていく、それが道になる絵。

WAN_TAN Wan Tan
1998年生まれ。京都造形芸術大学情報デザイン学科イラストレーションコース在籍。

「DOPAMINE!!」
一度完成した作品を、ビジュアルとしてのPOWERやSPEED感を高めるために再構成した。

おおだいらまこ

1995年生まれ。
尾道市立大学大学院美術研究科在籍。

小林喜一郎

1995年生まれ。 2018年 武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻卒業。 2020年 第22回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト。

ちぇんしげ

重穎 1993年台湾台北生まれ 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース在籍 武蔵野美術大学油絵学科油絵専攻卒業 国立台北藝術大学中退 主な展覧会 2020 『第22回グラ...

水上雄太

1997年生まれ 2017年多摩美術大学グラフィックデザイン学科入学 2018年度朝日広告賞学生奨励賞 第22回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト 仕事 ADIDASキャンペーン...

森ひなた

1995年 北海道生まれ 2016年 女子美術大学短期大学部 造形学科デザインコース 創造デザイン メディア 卒業 受賞 : 第22回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト 個展 :...

WAN_TAN

1998年長野県生まれ。主にぬいぐるみとグラフィック。 第22回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト。

審査員(50音順、敬称略)

上西祐理(アートディレクター、グラフィックデザイナー)
1987年生まれ。東京都出身。2010年多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業、同年電通入社。現在第5CRP局勤務。今までの仕事に、世界卓球2015 ポスター / テレビ東京、Laforet GRAN BAZAR 2019 SUMMER / Laforet など。趣味は旅と雪山登山。旅は40カ国達成。
菊地敦己(グラフィックデザイナー)
1974年東京生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。2000年ブルーマーク設立、2011年より個人事務所。ブランド計画、ロゴデザイン、サイン計画、エディトリアルデザインなどを手掛ける。とくに美術、ファッション、建築に関わる仕事が多い。また、「BOOK PEAK」を主宰し、アートブックの企画・出版を行う。
都築潤(イラストレーター)
1962年東京生まれ。武蔵野美術大学卒業。80年代から00年代までにグラフィック系コンペや広告賞で多数受賞。10年「ニューエイドス」13年「都築潤×中ザワヒデキ」を展示開催。15年「ニューエイドス以降/検証1980-2000」開講。『日本イラストレーション史』監修執筆。NHK高校講座「美術1」監修出演。jti.ne.jp
長崎訓子(イラストレーター)
1970年東京生まれ。多摩美術大学染織デザイン科卒業後イラストレーターとして書籍の装画や挿絵、映画に関するエッセイ、漫画の執筆など多方面で活動中。装画に『武士道シックスティーン』『億男』など。女子美術大学ヴィジュアルデザイン専攻准教授。
保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)
1976年生まれ。企画した主な展覧会に、「フランシス・ベーコン展」(2013)、「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」(2016)、「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」(2017)など。『すばる』『疾駆』等に連載を持つ他、JAGDA年鑑(2014年)や『gggBooks 95 服部一成』に論考を寄稿。Photo by Keizo Kioku

主催:ガーディアン・ガーデン