1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第6回写真「1_WALL」展

展覧会・イベント

次世代の若手写真家を発掘する

第6回写真「1_WALL」展

  • 会期:2012.3.26 月 - 4.19 木
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけて作品を発表する公募展、第6回写真「1_WALL」展を開催します。一次審査(ポートフォリオ審査)と二次審査(ポートフォリオレビュー)を通過したファイナリスト6名が、会期中の4月5日(木)に、グランプリを決定する公開最終審査に挑みます。一般見学者の目前でファイナリストによるプレゼンテーションが行われ、審査員による議論の後、グランプリが決定します。受賞者には1年後の個展開催とパンフレット制作の権利が贈られます。
「1_WALL」は『ひとつぼ展』をリニューアルした公募展で、2009年にスタートしました。3度にわたる審査で、応募者の実力や可能性を見ていきます。応募者にとっては表現者としての本気度が試される公募展です。
6回を迎える今回は、人と出会いすれ違っていく瞬間を、レンズから逸らされた強く静かな眼差しで捉えたポートレートや、街に出てみつけた、痛みや不安をやわらげる光を切りとった作品、デジタル加工した空虚な窓で、知覚や次元のズレを表現した作品など、日常や人物を、作家独自の視点で深くみつめる作品が集まりました。今回は誰がグランプリを獲得するのか、どんな未来のスターが現れるのか、是非皆さんの目でお確かめください。

第6回写真「1_WALL」ファイナリスト6名
4月5日の公開最終審査会で、熊谷勇樹さんがグランプリに決定しました。

  • 小山田邦哉 Kuniya Oyamada

    「displacement」
    デジタル社会の超複製技術時代。新たな写真の地平線を乗り越えていきたい。

  • 鬼頭志帆 Shiho Kito

    「WALLS」
    人と人って、なんでこんなに違うんだろう。未知なるものに出会い、そして、遠ざかることを繰り返す。みんなここに永くはいない。ただすれ違うその瞬間に、写真は起こる。

  • *グランプリ*
    熊谷勇樹 Yuki Kumagai

    「贅沢」
    人は見たいものしかみていないのだろう。
    しかしその先には、私たちがまだ想像のできる何かがある。

  • 小池裕也 Yuya Koike

    「out line」
    この写真を見るまで、
    僕は、「自分とは」「写真とは」という
    疑問の間にいました。

  • 齋藤圭芸 Tamaki Saito

    「幻肢痛」
    私の中の欠けた部分が、キリキリと激しく痛む。
    純粋に見る事でしか捉えられない、微かな光。
    それだけが、この痛みを和らげてくれる。

  • 真鍋奈央 Nao Manabe

    「眼をあけて夢をみる」
    シャッターを押すほんの一瞬だけ、別の世界と繋がる。
    この世界とあの世界の境界、底なしの闇とその先で躍動している希望の光。
    わたしは、いつも眼をあけてみていたい。

小山田邦哉

東京造形大学卒業。船に乗り世界約5周。 2011年 「CANON写真新世紀」佳作 大森克己選 2012年 第6回写真「1_WALL」ファイナリスト 2012年 「EINSTEIN PHOTO C...

鬼頭志帆

写真家、インディペンデントキュレーター。現在東京とインド・ガンディナガール在住。1980年愛知県出身。早稲田大学写真部を経て東京藝術大学先端芸術表現科とUCA (英国)で写真を学び、 ロンドン芸術大学...

熊谷勇樹

1988年静岡県浜松市生まれ。2012年玉川大学芸術学部演劇コース卒。現在、野口博氏の撮影アシスタント。

受賞:2012年第6回写真「1_WALL」グランプリ

展示:2012年第6回写真「1_WALL」展/ガーディアン・ガーデン(東京)

小池裕也

Photographer Born in Shizuoka, JAPAN, 1987 Based in Tokyo JAPAN Education: 2006-2010 BA in P...

齋藤圭芸

1980年 東京都生まれ。 2004年 東京学芸大学大学院修了(教育心理学修士)。 2009年 日本写真芸術専門学校2部卒業。 受賞: 2012年 第6回写真「1_WALL」ファイナリスト...

真鍋奈央

1987年生まれ。ビジュアルアーツ大阪卒業。現在東京でスタジオ勤務。

審査員(50音順、敬称略)

秋山伸(グラフィックデザイナー、パブリッシャー)
2000年schtucco設立。2008年edition.nord設立。写真集、アートブックを数多く手がける。2013年は、松江泰治・鈴木理策・中藤毅彦の写真集、大竹伸朗・中原浩大の展覧会カタログ、吉増剛増・川俣正のエディションが進行中。
小林紀晴(写真家・作家)
1968年長野県生まれ。東京工芸大学短期大学部写真科卒業。新聞社カメラマンを経て、1991年よりフリーランス。’97年『DAYS ASIA』で日本写真協会新人賞受賞。現在、雑誌、広告、CM、執筆などボーダレスに活動。写真集に『はなはねに』、『SUWA』、『days new york』、『homeland』など。
鈴木理策(写真家)
1963年和歌山県新宮市生まれ。2000年に写真集『PILES OF TIME』で第25回木村伊兵衛写真賞受賞。近著に『意識の流れ』(edition nord)、『海と山のあいだ』(amanasalto)、『Atelier of Cézanne』(Nazraeli Press)、『White』(edition nord)、『TORII』(SUPER LABO)、『写真分離派宣言』(青幻舎・共著)等。
姫野希美(赤々舎代表取締役、ディレクター)
2006 年に赤々舎を設立。写真集、美術書を中心に150冊余りの書籍を刊行。第33回木村伊兵衛写真賞の志賀理江子『CANARY』、岡田敦『I am』、第34回同賞の 浅田政志『浅田家』、第35回同賞の高木こずえ『MID』『GROUND』、第38回同賞の百々新『対岸』、第40回同賞の石川竜一『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』などがある。2014年より東京工芸大学教授。
光田ゆり(美術評論家)
美術館学芸員。京都大学文学部卒業。著書『高松次郎 言葉ともの ―日本の現代美術1961-72』(水声社)を刊行。ほかに『写真、芸術との界面に』(青弓社、日本写真協会賞)、『野島康三写真集』(赤々舎)、『大辻清司 出会いとコラボレーション』(共著、フィルムアート社)などがある。