1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第13回写真「1_WALL」展

展覧会・イベント

写真界の次世代を担う若手を発掘する

第13回写真「1_WALL」展

  • 会期:2015.10.26 月 - 11.19 木
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第13回写真「1_WALL」展を開催します。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展で作品を発表します。会期中11月4日(水)には、グランプリを決定する公開最終審査が開催されます。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、一般見学者にも公開される審査員による議論が行われ、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には1年後の個展開催とパンフレット制作の権利が贈られます。

13回目となる今回は、自らの性の問題を写真を通して確認するべく人に迫ったポートレートや、心の奥底に潜む憤りを、独自の視点で身の回りのものを切り取り表現した作品、福島の社会的な課題をテーマにしたドキュメンタリー的写真、また、セルフポートレートや日常の光景から、現実とは異なる別世界をつくりあげた作品、メニエール病を患う友人に心を重ね、その状況を可視化したスナップ写真、チベット、東京などのスナップショットとウェブで発表されている様々なデータやビジュアル資料や自筆のテキストを用いて自らのルーツを掘り下げ概念化した作品など、多様な表現が集まりました。どの作品がグランプリを獲得するのか、今後の活躍が期待される若手作家達に是非ご注目ください。

  • 浦芝眞史 Masashi Urashiba

    「ゆく、ふれるやいなや」

    自分に素直になって、美しいものを撮ろうと思った。
    美しいものには触れたくなる。
    触れてはじめてみえること。
    触れられないからみえること。

  • 浦部裕紀 Hiroki Urabe

    「あらざるをえざるものら」

    そこに間違いなくある異質なものに対して敏感であること

  • 佐藤美佳 Mika Sato

    「遠のくあの日に近づくために」

    風船、キビタン、菅原文太、ハートのクッション、その他諸々。
    私はひとつとたくさんのものを見た気になって、写真にそれらを記録する。
    今、目の前にあったことだけは確か。

  • 染井冴香 Saeka Somei

    「World Vacuum」

    何があろうと何であろうと、見えているものは心にも頭にもあるものだ。
    ここは世界のどこでどこの世界なの?
    この遠くて永くてとてつもなく近い問いに、私は写真で答えたい。

  • 光岡幸一 Koichi Mitsuoka

    「うつりゆく、そこに」

    まくがやぶれてめまいがおこった。

  • ラッセル・スコット・ピーグラー
    Russell Scott Peagler

    「Roots」

    自己のルーツ、世界で影響し合う物事の真の意味を捜し求め、何千もの石を裏返してゆくと稀に真実を見つけることがある。写真、詩、著述、研究を綴りまとめた作品。

浦芝眞史

1988年大阪府生まれ。 2011年関西大学法学部政治学科卒業。 2013年ビジュアルアーツ専門学校・大阪 写真学科卒業。 受賞: 2015年第13回写真「1_WALL」グランプリ ...

浦部裕紀

1985年生まれ。

佐藤美佳

1982年生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現修了

染井冴香

1994年生まれ。武蔵野美術大学映像学科 卒業

光岡幸一

1990年生まれ。東京藝術大学大学院修了。

Russell Scott Peagler

1980年米国サウスカロライナ州生まれ。サウスカロライナ州立大学ランダー大学英文学部卒業後、米国にて政治科学国際政治学専攻、修士課程修了。上智大学比較文化学部にて日本語を学ぶ。2003年来日後、現在ま...

審査員(50音順、敬称略)

飯沢耕太郎(写真評論家)
1954年宮城県生まれ。1984年筑波大学大学院芸術学研究科修了。1990〜94年季刊写真誌『デジャ=ヴュ』の編集長をつとめる。近著に『写真集が時代をつくる!』(シーエムエス)、『現代日本写真アーカイブ2011~2013』(青弓社)など。撮影=ERIC
菊地敦己(グラフィックデザイナー)
1974年東京生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。2000年ブルーマーク設立、2011年より個人事務所。ブランド計画、ロゴデザイン、サイン計画、エディトリアルデザインなどを手掛ける。とくに美術、ファッション、建築に関わる仕事が多い。また、「BOOK PEAK」を主宰し、アートブックの企画・出版を行う。
鷹野隆大(写真家)
1963年生まれ。主な写真集に『IN MY ROOM』(蒼穹舎)、『男の乗り方』(Akio Nagasawa Publishing)、『カスババ』(発行:大和プレス/発売:アートイット)、『α』(SUPER DELUXE)、『まなざしに触れる』(共著、水声社)。2006年に第31回木村伊兵衛写真賞受賞。
高橋朗(PGIギャラリーディレクター)
千葉県生まれ。早稲田大学第二文学部にて平木収氏に師事。1998年、東川町国際写真フェスティバルにボランティアとして参加。2003年から2010年まで同フェスティバル現場制作指導、またアシスタントディレクターを務める。1998年冬より、PGIにて写真の保存・展示に関する業務に携わる。現在PGIのディレクターとして展覧会の企画運営を担当。
百々新(写真家)
1974年大阪生まれ、奈良育ち。1995年コニカ新しい写真家登場グランプリ。1999年写真集『上海の流儀』(Mole)。2000年日本写真協会新人賞。2004年ニューヨークADC賞審査員特別賞。2009年APA広告賞特選賞。2012年写真集『対岸』(赤々舎)。2013年第38回木村伊兵衛写真賞。

主催 ガーディアン・ガーデン