1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第16回写真「1_WALL」展

展覧会・イベント

写真界の次世代を担う若手を発掘する

第16回写真「1_WALL」展

  • 会期:2017.3.22 水 - 4.14 金
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第16回写真「1_WALL」展を開催します。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト 6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展です。会期中の3月23日(木)には、一般見学者にも公開される最終審査会を開催します。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、審査員による議論を経て、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には1年後の個展開催と個展制作費10万円、パンフレット制作の権利が贈られます。

今回の「1_WALL」は、前景の対象物を越えて、光がつくる奥行きや広がりをモノクロームで定着させた阿部直樹、絶滅した部族から着想を得て、正体不明の何者かとその物語を構成する白井晴幸、インドが抱えるカースト制度と学歴社会の問題をドキュメントした千賀健史、メモをとり記憶に残すように身近な物にレンズを向けた富澤大輔、5 年ぶりに帰った故郷の変化に驚き、改めて故郷を撮り下ろした藤澤洸平、孤独と愛情、内と外など、精神的・地理的な境界をテーマにした姚遠、以上6名が展示します。

千賀健史 Kenji Chiga

  • 阿部直樹 Naoki Abe

  • 白井晴幸 Haruyuki Shirai

  • 富澤大輔 Daisuke Tomizawa

  • 藤澤洸平 Kohei Fujisawa

  • 姚遠 Yao Yuan

阿部直樹 Naoki Abe
1983年生まれ。
東京造形大学大学院造形研究科修了。

「Endpoint #3」
目には見えない、壁のような存在を感じ、写真を撮る。
世界と私自身との接点とも思えるその壁が示すのは限界か、それとも延々と続く境界か。

白井晴幸 Haruyuki Shirai
1981年生まれ。

「Invisible man」
正体不明な何かとの遭遇を描いた、不可視の物語を巡る冒険譚。

千賀健史 Kenji Chiga
1982年生まれ。
大阪大学基礎工学部電子物理科学科卒業。

「Bird, Night, and then」
インドで暮らす少年を取り巻く超学歴社会とカースト問題、若者の自殺、夢や希望を失った時に彼らがとる選択について、生き続ける事の可能性について。

富澤大輔 Daisuke Tomizawa
1993年生まれ。
東京藝術大学美術学部先端芸術表現科在籍。

「アンダンテ」
自分は、その周りは、一体何がどうなっているのだろう。記念写真はそれらに対するヒントと興奮を僕にもたらしてくれる。

藤澤洸平 Kohei Fujisawa
1992年生まれ。

「CLIMAX OITA USUKI」
それらは概念の力を借りないただ一枚一枚の写真。
それに気づいた瞬間から、今この瞬間まで、何が撮りたいのか分からなくなっている。
故郷になんて滅多に帰るもんじゃない。

姚遠 Yao Yuan
1988年生まれ。
桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン専攻在籍。

「SAKAIME」
真冬の中に揺るぎない夏が潜む。矛盾の地平に絶えず眩い夢が走る。

阿部直樹

1983年 群馬県生まれ。 2008年 東京造形大学大学院 造形研究科 デザイン研究領域修了。 主な個展: 2007年2月 「午後の庭」(新宿ニコンサロンbis) 2009年12月 「昼の...

白井晴幸

1981年東京生まれ。 技法の創造からはじまる奇術的ユーモアと、幻像を寓意する写真哲学を指針としている。 2015年「TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD 2015」入選。201...

千賀健史

1982年滋賀県生まれ。大阪大学卒業。 卒業後ファッションフォトグラファーのアシスタントとして上京、その後様々なワークショップを受けドキュメンタリーの手法による作品作りに取り組む。 受賞 ...

富澤大輔

1993年生まれ。
東京藝術大学美術学部先端芸術表現科在籍。

藤澤洸平

1992年生まれ。

姚遠 

1988年生まれ。
桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン専攻在籍。

審査員(50音順、敬称略)

飯沢耕太郎(写真評論家)
1954年宮城県生まれ。1984年筑波大学大学院芸術学研究科修了。1990〜94年季刊写真誌『デジャ=ヴュ』の編集長をつとめる。近著に『写真集が時代をつくる!』(シーエムエス)、『現代日本写真アーカイブ2011~2013』(青弓社)など。撮影=ERIC
菊地敦己(グラフィックデザイナー)
1974年東京生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。2000年ブルーマーク設立、2011年より個人事務所。ブランド計画、ロゴデザイン、サイン計画、エディトリアルデザインなどを手掛ける。とくに美術、ファッション、建築に関わる仕事が多い。また、「BOOK PEAK」を主宰し、アートブックの企画・出版を行う。
鈴木理策(写真家)
1963年和歌山県新宮市生まれ。2000年に写真集『PILES OF TIME』で第25回木村伊兵衛写真賞受賞。近著に『意識の流れ』(edition nord)、『海と山のあいだ』(amanasalto)、『Atelier of Cézanne』(Nazraeli Press)、『White』(edition nord)、『TORII』(SUPER LABO)、『写真分離派宣言』(青幻舎・共著)等。
高橋朗(PGIギャラリーディレクター)
千葉県生まれ。早稲田大学第二文学部にて平木収氏に師事。1998年、東川町国際写真フェスティバルにボランティアとして参加。2003年から2010年まで同フェスティバル現場制作指導、またアシスタントディレクターを務める。1998年冬より、PGIにて写真の保存・展示に関する業務に携わる。現在PGIのディレクターとして展覧会の企画運営を担当。
百々新(写真家)
1974年大阪生まれ、奈良育ち。1995年コニカ新しい写真家登場グランプリ。1999年写真集『上海の流儀』(Mole)。2000年日本写真協会新人賞。2004年ニューヨークADC賞審査員特別賞。2009年APA広告賞特選賞。2012年写真集『対岸』(赤々舎)。2013年第38回木村伊兵衛写真賞。

主催 ガーディアン・ガーデン