1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 百年前掛け

展覧会・イベント

Creation Project 2021
144人のクリエイターと豊橋の職人がつくる

百年前掛け

  • 会期:2021.12.9 木 - 2022.1.22 土
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m.
  • 日曜・祝日と12/26(日)〜1/5(水)は休館 入場無料 
    会場:クリエイションギャラリーG8、ガーディアン・ガーデン

    *ギャラリー入口で体温測定、手指消毒、マスク着用のご協力をお願いします。ご来場者様同士の社会的距離2mを確保いただき、37.5℃以上の発熱、咳・咽頭痛、全身倦怠感などの症状がある方は来場をお控えください。来場者多数の場合は入場制限を行うことがあります。

特設サイト http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/2021

酒屋や米屋などで見かける前掛けは、正式には「帆前掛け」といい、日本の前掛けの起源は諸説ありますが、室町時代までさかのぼるといわれています。体の前に掛ける(垂らす)ことから、「前掛け」「前垂れ」と呼ばれ、日本の伝統的な仕事着としていまも使われ続けています。

前掛けの産地である愛知県豊橋市では、1950〜70年代、多い時には1日に1万枚が出荷された時期もあったそうです。日本の経済成長とともに、酒蔵や米屋、味噌屋、醤油屋などさまざまな業種で会社やお店の屋号、名前が入った前掛けがつくられ、全国に広がりました。

前掛けは、ひもを腰でしっかりと締めて使うため、重いものを運ぶ時に腰を支えたり、肩に前掛けを当てて木箱などの重い荷物を担いだりなど、働く人の体を衝撃から守るミニマムな仕事着として、また、生地に染め抜きを施すことで広告宣伝媒体やユニフォームとして活用されている実用的なアイテムといえます。

今回製作にご協力いただく有限会社エニシング(愛知県豊橋市)は、約100年前のTOYOTA製シャトル織機を使い、日本の伝統的な技術を受け継ぎながら、厚くてしなやかな生地を丁寧に織り上げ、先人たちの知恵と歴史がつまった”100年経っても使える”最高級の前掛けをつくり続けています。

今回のプロジェクトでは、144人のクリエイターの個性豊かなデザインを染め抜いた、オリジナルの前掛けをつくります。この前掛けを、会社やお店はもちろん、キャンプなどのアウトドアやガーデニング、キッチンなど、お仕事や生活スタイルにあわせて、永く愛用していただきたいと願っています。大切な人への贈り物にもおすすめです。

展覧会では、7月に開催したオンラインワークショップ「クリエイション・キッズ・ラボ 2021」で、子どもたちがデザインした前掛けも展示します。

売り上げから製作費を除いた収益金は、セーブ・ザ・チルドレンに寄付し、新型コロナウイルス感染症の影響で経済的に困難な状況にある家庭への食の提供や、子どもの貧困問題の解決や虐待の予防など、未来を担う日本の子どもたちの支援のために役立てられます。
作品を購入していただくことで、どなたでもチャリティーにご参加いただけるプロジェクトです。

ガーディアン・ガーデン

  • 一乗ひかる

  • 関川航平

  • 町田尚子

クリエイションギャラリーG8

  • 宇野亞喜良

  • 岡崎智弘

  • 永井一正

  • 中山尚子

  • ひびのこづえ

  • 山口はるみ

  • フィリップ・ワイズベッカー

販売価格
6,500円(税込・予価)

販売方法
展覧会会期中、オンラインショップ「ポンパレモール」で会期初日から会期終了までの期間、予約注文販売します(商品は3月末の発送予定です)。
※今回は、会場でも全て「ポンパレモール」での予約注文販売(受注生産)となります。
会場での在庫販売(即売)はありませんので、お間違えのないようご注意ください。

「ポンパレモール」 https://store.ponparemall.com/rcc-gallery/

寄付先
売り上げから製作費を除いた収益金は、セーブ・ザ・チルドレンに寄付し、新型コロナウイルス感染症の影響で経済的に困難な状況にある家庭への食の提供や、子どもの貧困問題の解決や虐待の予防など、未来を担う日本の子どもたちの支援のために役立てられます。

主催・会場
クリエイションギャラリーG8
〒104-8001 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
TEL 03-6835-2260

ガーディアン・ガーデン
〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F
TEL 03-5568-8818

製作
有限会社エニシング

CREATION Projectとは
多くの方々にアートやデザインの楽しさを感じてもらおうと、1990年からはじまった毎年恒例のチャリティープロジェクト。2つのギャラリーと交流のあるクリエイターの方々にボランティアで制作していただいた作品を展示・販売し、収益金をチャリティーとして寄付しています。2009年より「Creation Project」と題し、2011年〜2015年は東日本大震災の復興支援として、被災地での産業を応援しようと地元の職人さんとものづくりをし、合計約1134万円を義援金として寄付、2016年は熊本地震の義援金として158万円を寄付しました。2017年から、生産地を日本全体に広げ、日本のものづくり・産業をデザインの力で発信していくプロジェクトとして継続し、セーブ・ザ・チルドレンに合計約313万円を寄付しました。

2011 印染トートバッグ展2012 アロハシャツ展2013 石巻バッグ展2014 東北和綴じ自由帳展2015 伊達ニッティング2016 藍色カップ2017 つつの靴下展2018 ちいさな豆皿展2019 ふろしき百花店2020 〼〼⊿〼(益々繁盛)展

出品作家
クリエイションギャラリーG8

青木克憲
赤沼夏希
秋山孝
浅葉克己
池澤樹
居山浩二
色部義昭
上田三根子
上西祐理
宇野亞喜良
遠藤享
太田徹也
大原大次郎
岡崎智弘
岡田善敬
岡室健
小田桐昭
小野勇介
柿木原政広
葛西薫
加瀬透
金井あき
鎌田順也
上條喬久
川上恵莉子
川尻竜一
菊地敦己
木住野彰悟
北川一成
木下勝弘
草谷隆文
久保悟
窪田新
小杉幸一
古平正義
小林一毅
小林洋介
近藤ちはる
榮良太
佐々木俊
ささめやゆき
佐野研二郎
澤田泰廣
下谷二助
白本由佳
新村則人
鈴木守
関本明子
副田高行
大黒大悟
高井薫
髙田唯
髙谷廉
田中せり
田中竜介
田中良治
谷口広樹
玉置太一
天宅正
内藤昇
永井一史
永井一正
永井裕明
ナガクラトモヒコ
中島信也
中嶋貴久
仲條正義
中山尚子
はせがわさとし
服部一成
花原正基
林規章
原耕一
原田祐馬
原野賢太郎
日髙英輝
日比野克彦
ひびのこづえ
平野篤史
平松尚樹
ヒロ杉山
福岡南央子
福澤卓馬
福島治
藤枝リュウジ
松永真
丸橋桂
三木健
水野学
峰岸達
宮田裕美詠
村上雅士
八木秀人
箭内道彦
山口はるみ
山田英二
山本タカト
ユムラタラ
湯村輝彦
蓬田やすひろ
ワビサビ
アラン・チャン
スタシス・エイドリゲヴィチウス
フィリップ・ワイズベッカー
リチャード・ケール
ロドニー・グリーンブラット

 

ガーディアン・ガーデン

Aokid
石川晶子
石川マサル
石原一博
一乗ひかる
上田風子
奥原しんこ
尾崎仁美
神廣和花
河村真奈美
久保田珠美
甲賀正彦
齊藤彩
齋藤浩
清水
末宗美香子
杉本マコト
関川航平

田渕正敏
時吉あきな
永井せれな
並木夏海
成田久
橋本祐治
服部公太郎
早崎真奈美
樋口佳絵
fancomi
太湯雅晴
町田尚子
溝端貢
宮下良介
モニョチタポミチ
柳澤暁子
山本ヒロキ
ユンボム
LEE KAN KYO