1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. トークイベント「とりかえしのつかないものたち」上野千鶴子 × 藤岡亜弥

トークイベント「とりかえしのつかないものたち」上野千鶴子 × 藤岡亜弥

2017.5.18 木 7:10p.m.-8:40p.m.

女性学、ジェンダー研究のパイオニアである社会学者の上野千鶴子さんをお迎えし、写真家の藤岡亜弥と対談をします。今回の展示や作品を通し、それぞれの立場から「写真」について、お話しいただきます。

入場無料・要予約
お電話(03-5568-8818)又はメール(gginfo@waku-2.com)にて、
メールの場合は件名に「5/18トークイベント予約」とご記入いただき、
ご希望の方全員のお名前(カナ)をお知らせください。

上野千鶴子(社会学者)
1948年富山県生まれ。東京大学名誉教授。認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、指導的な理論家のひとり。1994年『近代家族の成立と終焉』(岩波書店)でサントリー学芸賞受賞。2011年度朝日賞受賞。主な著書に『女ぎらい ニッポンのミソジニー』(紀伊國屋書店)、『不惑のフェミニズム』(岩波現代新書)、『ニッポンが変わる、女が変える』(中央公論新社)、『女たちのサバイバル作戦』(文藝春秋)など多数。新刊に『時局発言!』(WAVE出版)。
(プロフィール写真撮影:菅野勝男)

藤岡亜弥(写真家)
1972年広島県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。2008年新進芸術家海外研修制度(文化庁)の研修員としてNYに滞在。2012年帰国、現在広島在住。
写真集に『さよならを教えて』(2004年/ビジュアルアーツ出版)、『私は眠らない』(2009年/赤々舎)など。2005年第24回写真『ひとつぼ展』入選、2010年日本写真協会賞新人賞、2016年第41回伊奈信男賞受賞。