1. TOP
  2. アーティスト
  3. 長田哲

長田哲Satoshi Osada

1980年 静岡県生まれ
2000年~東京都在住
2004年 国学院大学文学部哲学科卒業
2013年~沖縄県在住

主な個展:
2017年 「Floating Heads」ヨロコビto Gallery、西荻窪
2013年 「重畳するミクロコスモス -Microcosmos Superposed-」GALLERY MoMo Projects、六本木
2009年 「Microcosmic Chaos」FARM the salon for art, Tokyo by hiromiyoshii、清澄
2003年 「電子音楽の世界 -electronic music world-」TKGY at lammfromm、代々木

主なグループ展:
2017年 「中間者の情景」ギャラリーアトス、那覇
2015年 「ニセ・ザ・チョイス」ビリケンギャラリー、南青山
2010年 「クレー展 -Post Klee-」東中野徒歩一、東中野
2009年 「NEXT DOOR MIX EXHIBITION」T&G ARTS TOKYO、六本木

受賞歴:
2007年 「ワンダーシード2007」入選
2006年 「第26回グラフィックアートひとつぼ展」入選
2003年 「GEISAI#3」小山登美夫ギャラリー賞受賞

素材・内容共に、意図的に絵画、イラスト、デザイン等の要素を入れて描いている。絵画、イラスト、デザイン等の要素が混合されていることで、僕の絵は「中間者」と言えるのだと思う。観る人によって「これは絵画なのか、イラストなのか、デザインなのか」「どんな画材でどのように描いているのか」「何を描いているのか」「どんな意図で描いているのか」等の疑問を抱くような描き方で描いている。パウル・クレー、ソニア・ドローネー、ロトチェンコ等、今やオールドマスターと言っても差し支えない20世紀の巨匠の中でも、画材やジャンルを横断したアーティストの偉業に学び、生きているこの時代の問題意識を落とし込みながら絵を描いている。