1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 広川泰士写真展「旅の途中〜」

展覧会・イベント

タイムトンネルシリーズVol.30

広川泰士写真展「旅の途中〜」

  • 会期:2012.5.7 月 - 6.1 金
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

タイムトンネルシリーズは、第一線で活躍する作家のデビュー当時の作品にスポットをあて、その発想や表現方法の原点を探る展覧会です。
30回目を迎える今回は、フォトグラファー・広川泰士氏にお願いしました。
広川氏は、大学時代に8ミリ映画の編集中、ルーペで見た1コマに魅了され、写真への興味を強く抱きます。そして独学でキャリアを重ね、ファッション、広告、CM、映画の撮影監督など幅広く活躍を続けています。
一方、作品制作でも、デザイナーズブランドの服を地方で生活する人たちに着せた異色のポートレート「sonomama sonomama」や、日本全国にある原子力発電所を現代日本の風景として切り取った「STILL CRAZY」、悠久の時をテーマに巨岩と星の軌跡を捉えた「TIMESCAPES─無限旋律─」など、独自のスタンスとダイナミックなフィールドワークで、その行動力と情熱はとどまるところを知りません。
さらに、2006年からは、「ゼラチンシルバーセッション」プロジェクトを立ち上げ、フィルムや銀塩写真文化を残す活動に意欲的に取り組んでいます。
「完成なんてありえない。まだまだ旅の途中」と語る広川氏。時代と共に歩みながら、写真の旅を続ける氏の全貌をご紹介します。

広川泰士

1950年神奈川県生まれ。1974年より写真家として活動開始。東京工芸大学芸術学部教授。広告写真、テレビコマーシャルなどで活躍する一方、世界各都市での個展、美術展への招待出展多数。作品集に『sonomama sonomama』、『STILL CRAZY』、『TIMESCAPES −無限旋律−』など。講談社出版文化賞、ニューヨークADC賞、日本写真協会賞ほか受賞多数。作品コレクションはサンフランシスコ近代美術館、フランス国立図書館、東京都写真美術館など国内外にわたる。また、映画「トニー滝谷」(2005年)、「FLOWERS」(2010年)では撮影監督を務め、「トニー滝谷」は世界30余カ国で上映、ロカルノ映画祭において審査員特別賞など3賞を同時受賞。

展示内容   
本展では、広川氏のデビュー当時から現在に至るまでを二会場にわたりご紹介します。

[第一会場] クリエイションギャラリーG8
筑豊やアメリカを撮影した初期の作品、70〜80年代のファッション写真、初期の代表作「sonomama sonomama」、20年以上取り組んだ家族のポートレートシリーズ、テレビコマーシャル、広告作品など幅広くご紹介します。

[第二会場] ガーディアン・ガーデン
代表作「STILL CRAZY」「TIMESCAPES─無限旋律─」のほか、地球の神秘的な色彩が印象的な「SOUNDS FROM THE PLANET─惑星の音─」、日本海での重油流出事故現場を8年に渡り撮影した「OILED COAST」、未発表の近作「BABEL─ごく普通の風景─」など、オリジナル作品を一堂にご紹介します。

広川泰士インタビュー小冊子   
今回の展覧会開催にあたり、幼少時代から現在にいたるまで、
また、写真に対する思いなど語っていただきました。 
A5サイズ モノクロ約60ページ 500円

主催
クリエイションギャラリーG8 ガーディアン・ガーデン

協賛     
日本通運株式会社、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

協力     
株式会社写真弘社、株式会社大伸社、有限会社東京カラー工芸社、東京工芸大学