1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第29回 写真『ひとつぼ展』

展覧会・イベント

第29回 写真『ひとつぼ展』

  • 会期:2007.8.20 月 - 9.6 木
  • 時間:12:00p.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

ポートフォリオによる一次審査を通過した出品者10名が、それぞれ一坪(1.82m×1.82m)のスペースの中で作品を構成し、発表する『ひとつぼ展』を8月20日(月)より開催いたします。会期中の二次審査会でグランプリに選ばれると、1年後にガーディアン・ガーデンで個展を開催する権利が贈られます。
人生で影響を受けた坂本龍馬の命日に京都を訪れ、その道中での出会いをカメラに収めた作品、七人家族という日常生活を慌ただしく思いながらも肯定し、なにげない家族の光景を切りとった作品、デジタルカメラの動画モードで撮影した電車の映像を、静止画に分解し展開することで、リズミカルなパターンを生み出した作品など、オリジナリティ溢れる作品が集まりました。

グランプリを決定する二次審査会は、会期中の9月4日(火)に開催されます。一般入場者の目前で出品作家によるプレゼンテーションが行われ、下記5名の審査員の議論の後、グランプリ1名が決定いたします。

芦田陽介

1980年 京都府出身。 2001年 イタリア、フィレンツェに1年間滞在。 2003年 上智大学文学部哲学科卒業。 2007年 京都造形芸術大学大学院芸術表現専攻修了。 現在、東京在住。

川西史玲

櫻井史樹

下西進

1977年広島市生まれ。2000年武蔵野美術大学映像学科卒業。2002年武蔵野美術大学大学院 映像コース修了。2010年東京藝術大学大学院博士後期課程在籍。現在、茨城県取手市およびドイツ・ワイマール市在住

受賞:2007年第29回写真「ひとつぼ展」入選、2002年武蔵野美術大学大学院修了制作優秀賞受賞

展示:2012年「Summaery 2012」/バウハウス大学(ドイツ)、2011年井野アーティストヴィレッジオープンスタジオ(取手市)、2010年東京藝大トランスWEEKS「Transformation in 大石膏室」展/東京藝術大学大石膏室、2009年「あざみ野写真EXPO 視覚の冒険」/ 横浜市民ギャラリーあざみ野、2008年広島アートプロジェクト 2008/旧日本銀行広島支店、2008年個展「I am, I am」/INAXギャラリー2(東京)、
2007年第29回写真『ひとつぼ展』/ガーディアン・ガーデン(東京)、2002年個展「I am here」/かねこ・あーと2(東京)、2000年「武蔵野美術大学造形学部映像学科 創設10周年記念 映像未来 11+1 」/ミツムラ・アート・プラザ(東京)

活動:2010年ガーディアン・ガーデン20周年記念特別企画 アーティストトーク「プレゼンテーション for NEXT」2006年清里フォトアートミュージアム、パブリックコレクション収蔵

題府基之 Motoyuki Daifu

1985年東京生まれ。2007年東京ビジュアルアーツ専門学校卒業。同年『ひとつぼ展』入選。2013年には国際写真賞「Prix Pictet」にノミネートされた。主な展覧会に、「Lovesody」(2012年/Lombard-Freid Projects, New York)、「Still Life」 (2014年/MISAKO&ROSEN, Tokyo)、「Prix Pictet – Consumption」 (2014年/Victoria&Albert Museum, London)、「家族は恥骨だから綺麗なパンティーで隠すの」 (2014年/Little Big Man Gallery, Los Angeles)などがある。写真集には、『Lovesody』(2012年/Little Big Man Books)、『Project Family』(2013年/Dashwood Books)があるほか、2016年5月には『Still Life』をNewfaveから刊行予定。

滝沢明子

徳永景介

長浜徹

原田幸治

和田裕也

1978年生まれ

[受賞歴]
エプソンカラーイメージングコンテスト2006写真部門 優秀賞
第29回写真『ひとつぼ展』グランプリ

審査員
飯沢耕太郎(写真評論家)
楢橋朝子(写真家)
ホンマタカシ(写真家)
町口覚(アートディレクター)
大迫修三(クリエイションギャラリーG8)
※五十音順、敬称略