1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第2回写真「1_WALL」展

展覧会・イベント

次世代の写真界の新鋭を発掘する

第2回写真「1_WALL」展一次審査(ポートフォリオ審査)と二次審査(ポートフォリオレビュー審査)を通過した6名による最終プレゼン。グランプリは誰の手に?

  • 会期:2010.3.23 火 - 4.15 木
  • 時間:12:00p.m.-7:00p.m.(水曜のみ8:30p.m.まで) 日曜休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは、一次審査(ポートフォリオ審査)と二次審査(ポートフォリレビュー審査)を通過した6名が個展開催の権利をかけて作品を発表し、最終プレゼンに挑む第2回写真「1_WALL」展を開催いたします。

「1_WALL」は、2008年春に30回を迎えた『ひとつぼ展』をリニューアルさせた公募展です。昨年8月に開催された第1回では仲山姉妹氏が初代グランプリを獲得、今後の活躍が注目されています。展覧会会期中の3月26日(金)にはグランプリを決定する最終審査を公開で開催します。一般入場者の目前で出品者によるプレゼンテーションが行われ、審査員の議論の後、グランプリが決定します。受賞者には1年後に個展開催とパンフレット制作の権利が贈られます。

展覧会開催までポートフォリオ審査のみだった『ひとつぼ展』に比べ、ポートフォリオレビュー審査が加わったことでより本気度が問われる「1_WALL」。6名の中からどんな写真界の新鋭が誕生するか、ぜひ皆さんの目でお確かめください。

第2回写真「1_WALL」展 ファイナリスト6名

  • 滝沢広 HIROSHI TAKIZAWA

    「夢の出口」
    夢が意識を持つ時、
    現実は身体から遠のいていく。
    我々の肉体/精神はいかに脆いものかを
    自覚した後に、声高に何かを語っても響いてこない。

  • 中井菜央 NAO NAKAI

    「PROGESTERON」
    「おんな」という「いきもの」を撮ろうと思いました。
    生きているから日々変化する「からだ」
    生きているから日々揺れる「こころ」
    女の人はたくさんの不思議であふれている。

  • ボン靖二 BON YASUZI

    「ちょっとそとまで」
    「ただ見る」状態にもっていくには、用途をはずすと同時に、
    余計なモノローグにも口をつぐんでもらわなければならない。
    そうしてできた「そと」をトる。

  • 三野新 ARATA MINO

    「モーターサイクル・ゴー・アルファビル
    〜A motorcycle goes to Alphaville〜」
    アルファビルへようこそ。

  • 横田大輔 DAISUKE YOKOTA *グランプリ*

    「Fog」
    それがなんなのか、それが誰なのか。
    知っている。けど見てない、見えてない。
    記憶や思いで、霞む視界の中、
    ぼくらは空間を共有している。

  • 吉田和生 KAZUO YOSHIDA

    「月面」
    写真で再生する。時間にパースはない、網膜で触れろ。
    流れゆく光景、浮沈する思考や感情、全て無数の点とし、
    シンクロする軌跡を暗え。

滝沢広

1983年生まれ。

中井菜央

1978年滋賀県生まれ 2005年日本写真芸術専門学校卒業 フリーランス。 雑誌、広告、ジャケット、ライブ撮影など幅広く活動中。 写真展: 2008年グループ展 第30写真『ひとつぼ展』...

ボン靖二

1983年大阪府生まれ。2007年京都教育大学造形表現卒業。2011年創造社デザイン専門学校中退。 受賞:2010年第2回写真「1_WALL」ファイナリスト 展示:2011年個展「あとでみ...

三野新

1987年福岡県生まれ。写真家・演出家。「現代の恐怖の予感を視覚化する」ことをテーマに、写真を演劇的手法と考え制作・発表している。写真とそれを受容する身体の小さな身振りを丹念に捉え、それが社会に関わり...

横田大輔

1983年埼玉県生まれ。2003年日本写真芸術専門学校卒業。

受賞:2010年第2回写真「1_WALL」展グランプリ。2008年 キャノン写真新世紀佳作(大森克己選)。エプソンカラーイメージングコンテスト写真部門特選。

展示:2010年第2回写真「1_WALL」展/ガーディアンガーデン(東京)。2008年写真新世紀東京展2008/東京都写真美術館(東京)。2008年エプソンカラーイメージングコンテスト2008受賞作品展/スパイラルガーデン(東京)。

吉田和生

1982年兵庫県生まれ。2004年滋賀県立大学人間文化学部生活文化学科卒業。

受賞:2010年トーキョーワンダーウォール2010 入選、第2回写真「1_WALL」 入選、2009年ミオ写真奨励賞2008入選、2008年Amuse Art Jam 2008 in Kyoto入選

審査員(50音順、敬称略)

菊地敦己(グラフィックデザイナー)
1974年東京生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。2000年ブルーマーク設立、2011年より個人事務所。ブランド計画、ロゴデザイン、サイン計画、エディトリアルデザインなどを手掛ける。とくに美術、ファッション、建築に関わる仕事が多い。また、「BOOK PEAK」を主宰し、アートブックの企画・出版を行う。
鈴木理策(写真家)
1963年和歌山県新宮市生まれ。2000年に写真集『PILES OF TIME』で第25回木村伊兵衛写真賞受賞。近著に『意識の流れ』(edition nord)、『海と山のあいだ』(amanasalto)、『Atelier of Cézanne』(Nazraeli Press)、『White』(edition nord)、『TORII』(SUPER LABO)、『写真分離派宣言』(青幻舎・共著)等。
竹内万里子(写真評論家)
野口里佳(写真作家)
町口覚(アートディレクター、パブリッシャー)
デザイン事務所「マッチアンドカンパニー」主宰。2005年に写真集レーベル「M」を立ち上げ、写真集販売会社「bookshop M」を設立。2008年より世界最大級の写真の祭典「PARIS PHOTO」に出展しつづける等、独自の姿勢でものづくりに取り組み、世界を視野に〝日本の写真集の可能性〟を追求している。