1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第12回 写真『ひとつぼ展』

展覧会・イベント

第12回 写真『ひとつぼ展』

  • 会期:1998.9.14 月 - 10.8 木
  • 時間:12:00p.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

『ひとつぼ展』は、ガーディアン・ガーデンでの個展開催を最終目標とした公募展です。
ポートフォリオによる事前審査を通過した13名の出品者が各自一坪(1.82m×1.82m)のスペースの中で作品を構成し、発表します。展覧会会期中にはこの出品作品をもとに、出品者と審査員が直接対話をし、グランプリを決定する公開二次審査会を実施いたします。グランプリ獲得者には1年間の制作期間を経た後に、個展開催が約束されます。
今回で12回目を迎える『ひとつぼ展』。ポートフォリオを1冊作るという大変手間のかかる応募規定にもかかわらず、『ひとつぼ展』始まって以来の過去最多の応募がありました。入選者は、半年前の第11回では男性が半数以上を占め、女性の写真ブームにストップをかけましたが、また逆転し女性10名、男性3名という結果になりました。内容は、コンセプチュアルなもの、日常や家族を撮ったもの、街中を撮ったもの、旅先で撮ったものなどさまざまです。

瀧康太

1971年静岡県出身。桑沢デザイン研究所インテリアデザイン研究科卒業。1998年第11回写真『ひとつぼ展』入選。1999年第12回写真『ひとつぼ展』グランプリ受賞。現在、フリーとして活躍。

周恵綺

1971年台湾、嘉義市生まれ。1992年渡日。1998年阿佐ヶ谷美術専門学校研究コース修了。東京在住。 展覧会歴:第12回、14回写真『ひとつぼ展』。1999年きらめく星座ースターダスト展/SK画廊、...

本間万智子

本田忠敬

1968年東京都出身。1993年横浜国立大学院工学部修了。設計事務所勤務の傍ら写真撮影を行う。 1998年シリーズ「新しい写真家登場」『ホジャの棲家達』コニカプラザ。1998年第12回写真『ひとつぼ展』入選『終り待つ家』。 1999年「写真新世紀」佳作『箱の記憶』。コレクション:清里フォトミュージアム(1999年)

松本典子

1970 東京生まれ。 1994 和光大学人文学部芸術学科卒業。 1998 インターメディウム研究所「大学院」講座写真コース修了。 個展: 2000 「はてナシ」ガーディアン・ガーデン 2...

岩田麻里

愛澤夕樹子

近藤真樹

金子真由美

草本利枝

別府市出身、京都市在住。同志社大学文学部、東京綜合写真専門学校卒業。1998年第11回・12回写真『ひとつぼ展』入選。音楽雑誌や広告を手がける。2009年グッドデザイン賞(ネットワーク領域・パブリック...

ササダタカエ

山田大輔

長尾明子

審査員
浅葉克己(アートディレクター)
飯沢耕太郎(写真評論家)
操上和美(写真家)
小林のりお(写真家)
平木収(写真評論家)
大迫修三(クリエイションギャラリーG8)
※五十音順、敬称略