1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 第20回 写真『ひとつぼ展』

展覧会・イベント

第20回 写真『ひとつぼ展』

  • 会期:2002.10.7 月 - 10.24 木
  • 時間:12:00p.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

グランプリ獲得者に個展開催の権利が贈られる『ひとつぼ展』。今回も全国各地から数多くの応募があり、過去最高200件以上の応募作品が集まりました。その激戦の一次審査を勝ち抜いた10名が、10月7日(月)から開催される第20回写真『ひとつぼ展』に出品します。老若男女、国籍を越えて出会った人々を真正面からとらえたパワーあふれるポートレート、偽物も本物も等しく写しだす写真の虚構性を意識し、再生された古墳と日常の光景を追った連続写真、風俗街にお墓や火葬場などの写真を加え、一層エロティックな雰囲気をひきたたせた作品、アイスランドを舞台にガラス窓越しに外に広がる自然の光景と窓の内側にある人間の営みを対比させた静謐な風景写真をご紹介します。自分にしか撮れない写真を求めて創作活動を続けてきた若手作家10名が、一坪(1.82m×1.82m)という限られたスペースの中で競い合います。グランプリを決定する公開二次審査会は、会期中の10月10日(木)に開催されます。今回はゲスト審査員に、前回の公開審査会で熱い議論の中心となって発言をしていただいた写真家の土田ヒロミ氏と、あらたに広告界で活躍している写真家の藤井保氏をお迎えしました。

上田真由美

1976年神戸市出身。1999年ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業。 (株)レンブラントにて、マガジンハウス・京王エージェンシーの社スタのスタジオマンとして勤務後、作家活動。第20回写真『ひとつぼ展』入選。

内田亜里

1978年 東京都新宿区生まれ 1998年 Image Forum Young Perspective 98 2002年 第20回写真『ひとつぼ』展 2001年、2002年、2003年 個展 ...

大友まさし

古賀弘一

1967年兵庫県出身。1991年姫路工業大学大学院電気電子工学専攻修了。同年NECに入社し、カラー液晶ディスプレイの開発に従事。2001年退職。現在、姫路工業大学大学院環境人間学研究科において感性によ...

バンリ

1967年大阪生まれ。20代をアメリカで過ごす。 フリラーンスフォトグラファーとして、関西を中心に雑誌、広告等で撮影中。 大峯山護持院櫻本坊にて得度、先達を受け山伏として修行中。 受賞歴: ...

曳野若菜

広松美佐江

古川まり

1970年東京出身。慶応義塾大学文学部哲学科卒業。東京綜合写真学校第ニ学科卒業。 1998年ニコンサロンJuna21出展、1999年第14回写真『ひとつぼ展』出展、 第19回「写真新世紀」佳作入選・年...

山崎真弓

1979年大阪府吹田市出身。大学在籍中より写真作品制作を始める。 2001年第23回写真新世紀佳作。2002年武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。 2002年第20回、2003年 第21回写真『ひとつ...

吉谷慶太

1973年生まれ。1992年渡米。1997年Brooks Institute of Photography卒業。1998年帰国後フリーとして活動を開始。2002年第20回写真『ひとつぼ展』入選。

審査員
青葉益輝 (アートディレクター)
浅葉克己 (アートディレクター)
飯沢耕太郎(写真評論家)
土田ヒロミ(ゲスト審査員/写真家)
平木収(写真評論家)
藤井保(ゲスト審査員/写真家)
大迫修三(クリエイションギャラリーG8)
※五十音順、敬称略