1. TOP
  2. 展覧会・イベント
  3. 永沼敦子展「目くばせ」

展覧会・イベント

The Second Stage at GG #28

永沼敦子展「目くばせ」

  • 会期:2010.2.1 月 - 2.18 木
  • 時間:12:00p.m.-7:00p.m.(水曜のみ8:30p.m.まで) 日曜休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは、2010年2月1日よりThe Second Stage at GG#28 永沼敦子展「目くばせ」を開催します。
永沼敦子は、コンパクトデジタルカメラを体の一部のように自在に操り、電車内の光景を大胆なアングルで捉えた「ハエの狙い目」(後に「Bug Train」)で2002年第19回写真『ひとつぼ展』に入選しました。あたかも昆虫が空中を浮遊しているかのような新たな視覚を見せてくれた彼女のカメラは、その後海外の電車へも、街にも飛び出しました。
その永沼が、福島県の五色沼を訪れたことをきっかけに、自然界に漂う神秘的な力に引き込まれ、2009年2月には活動の拠点を東京から地元鹿児島に移し、九州の自然と向き合っています。そこでは、大自然を賛美し、自然界の決定的瞬間を狙うわけでもなく、自然界の光や音に反応し、その土地に生きる身近な自然の姿を捉えています。そして、様々なアングルで撮られた写真からは、目には見えない自然界からのサインに素直に応えようとする作家の姿が見えてきます。本展では、1年間鹿児島や宮崎で撮りためた作品を約40点展示します。

永沼敦子

1978年鹿児島県生まれ。2002年東京綜合写真専門学校第2芸術学科卒業。2009年2月より鹿児島県に拠点を移す。

展示:2009年「虹の上の森」/ニコンサロン(大阪)、2008年「虹の上の森」/ニコンサロン(新宿)、2006年「Magic Mirror -ひとつぼ展の軌跡-」/京都造形大学Gallery RAKU、2005年「ハエプラネット」/GUILD GALLERY、「NEW DIGITAL AGE 2」/Krasnoyarsk Museum Center(ロシア)、第5回中国平遥国際写真フェスティバル(中国)、2004年「ギンザ・フォト・ストリート1930-2004 」/HOUSE OF SHISEIDO、2003年「bug train in KOREA」/Days Photo gallery、「にせものトレイン」 フォト・プレミオ コニカミノルタプラザ 特別賞受賞、「NEW DIGITAL AGE」/Levall Art Gallery(ロシア)、2002年「ハエの狙い目」 第19回写真『ひとつぼ展』出展

展示によせて
今年の桜島はとても活発だ。爆発的噴火400回を越えてしまった。
観測開始以降で最多だった85年以来という。
都市で唱えられている、上品なエコロジーという言葉を鼻で笑ってしまう。
癒しでもなく、母なる地球にはやはり破壊と創造の神がいるんだなと感じる。

人間が言葉を使い始める前、世界はどのようにつながっていたのだろう。
神話時代の異種婚姻。おそらく、自然界すべての生き物・植物たちの意思を人間は感じ取っていたはず。
そのころの力強さをよみがえらせる土地で、私はしたたかに生きる自然界たちが発するサインを拾い上げてみたい。

目に見えている事だけが、すべてではなく、確実にそこに漂っているものを。
そうすれば、きっと私たちはもっと力強く生きていけるかもしれない。

*The Second Stage at GGとは
若手表現者を応援しようと1992年から始まった公募展『ひとつぼ展』は、昨年30回で終了し、’09年には「1_WALL」として新たなスタートを切りました。これまでの『ひとつぼ展』入選者計566名の中からは、各界で活躍をするクリエイターが数多く登場しています。このシリーズは、『ひとつぼ展』および「1_WALL」の入選者たちのその後の活躍を紹介する展覧会です。