1. TOP
  2. クリエイター
  3. 浅葉克己

浅葉克己Katsumi Asaba

1940年生まれ。ライトパブリシティを経て、’75年浅葉克己デザイン室を設立。サントリー、西武百貨店、武田薬品、キリンビバレッジ、ミサワホーム等数々の広告を手がける。東京ADC委員、東京TDC理事長、JAGDA会長、デザインアソシエーション会長、桑沢デザイン研究所10代目所長、AGI日本代表、卓球6段。第19回日本アカデミー賞最優秀美術賞受賞(映画「写楽」美術監督として)。紫綬褒章受章。2008年21_21 DESIGN SIGHTで「祈りの痕跡。」展を開催。同展の出品作品「浅葉日記」で二度目の東京ADCグランプリを受賞。