1. TOP
  2. コンペティション
  3. 1_WALL
  4. 第10回グラフィック「1_WALL」

1_WALL

第10回グラフィック「1_WALL」

「表現」がますます多様化してきている現在、「表現する」ということに真剣に向き合う人たちと一緒に、新しい表現を考える場にしたいと思っています。そこには、ひとつひとつ壁を乗り越えていってほしいという気持ちと、壁一面に作品を表現してもらいたいという願いをこめました。

受付・選考期間

応募・審査は全て終了いたしました。

審査結果

公開最終審査

グランプリ

「あの子のバッチ」
Lee Kan Kyo
1982年生/台湾出身 東京造形大学大学院(造形専攻)修了
流行り!「あの子のバッチ」
可愛い子たち 増殖していくから
hey hey hey〜
自分だけのNo.1, みつけるかな?

公開最終審査

「1_WALL」展会期中に公開で行う最終審査。ファイナリスト6 名は展示作品とグランプリ後の個展プランについてプレゼンテーションします。ポートフォリオ、展示、プレゼンテーションを基にした議論を経てグランプリを決定。

「1_WALL」展

2 次審査を通過した6 名のファイナリストによるグループ展。各自一壁面( 縦:2.5m× 横:3.85m)を使い作品を展示。展示されている作品はもちろん、展示空間の使い方や見せ方も含め評価されます。

二次審査通過

ファイナリスト

  • 「炸裂するように都市を作っていく、一方のバランス感覚がダンスなんだ。」

    Aokid

    1988年生

    東京造形大学映画専攻卒業

  • 「人物」

    寿司みどり

    1987年生

    東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業

  • 「LOVE &HATE」

    ナガタニサキ

    1991年生

    武蔵野美術大学油絵学科4年在籍

  • 「えもじポップ」

    山本歩美

    1990年生

    京都造形芸術大学卒業

  • 「Pieces」

    横山萌果

    1990年生

    桑沢デザイン研究所VD科卒業

  • 「あの子のバッチ」

    Lee Kan Kyo

    1982年生

    台湾出身 東京造形大学大学院(造形専攻)修了

審査員奨励賞

  • 山本直輝

    居山浩二選

  • しんばら愛

    柿木原政広選

  • 山崎由紀子

    菊地敦己選

  • 郡智子

    都築潤選

  • 辻恵

    長崎訓子選

二次審査

審査員と1 対1 のポートフォリオレビュー。ポートフォリオをもとに、作品や制作の動機を目の前の審査員に直接言葉で伝えることができます。レビュー終了後、審査員全員で審議をし、ファイナリスト6 名を決定。

一次審査通過

一次審査通過入選者

  • あけたらしろめ
  • 阿部海太
  • 池内菜々子
  • 江波戸李生
  • 九鬼小百合
  • 國本翼
  • 郡智子
  • 小林舞
  • しんばら愛
  • 菅沼めぐみ
  • 寿司みどり
  • 瀬古絵美
  • 谷本理子
  • 辻恵
  • 辻本彩那
  • 常岡祥史
  • とんぼせんせい
  • 永谷早紀
  • 萩原聡美
  • 宮本和之
  • 矢田朋未
  • 山崎由紀子
  • 山崎若菜
  • 山本歩美
  • 山本直輝
  • 横山萌果
  • Aokid
  • KURUBUSEE
  • Lee Kan Kyo
  • LEIKA LEE

ポートフォリオ審査

ポートフォリオによる審査。デザイン、イラストレーション、写真など、第一線で活躍する審査員と事務局が、様々な視点から審査し、二次審査に進む30 名を決定。後日、審査コメントを応募者全員に送ります。

審査員

  • 居山浩二

    (アートディレクター、グラフィックデザイナー)

    1967年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。日本デザインセンターを経て、イヤマデザイン設立。主な仕事に集英社「ナツイチ」、カモ井加工紙「mt」、東京大学医科学研究所など。JAGDA新人賞、カンヌライオンズ金賞、SPIKES ASIAグランプリ、NY ADC金賞、CLIO金賞、SDA最優秀賞など受賞多数。

  • 柿木原政広

    (アートディレクター)

    1970年広島県生まれ。1996年ドラフト入社。株式会社10(テン)を設立。JAGDA新人賞、東京ADC賞、One show silver pencil、NY ADC silver受賞。代表作に「singingAEON」、「R.O.U」、「日本美術が笑う」、「静岡市美術館」、「富士中央幼稚園」、「Rocca」がある。JAGDA会員、東京ADC会員。

  • 菊地敦己

    (グラフィックデザイナー)

    1974年東京生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。2000年ブルーマーク設立、2011年より個人事務所。ブランド計画、ロゴデザイン、サイン計画、エディトリアルデザインなどを手掛ける。とくに美術、ファッション、建築に関わる仕事が多い。また、「BOOK PEAK」を主宰し、アートブックの企画・出版を行う。

  • 都築潤

    (イラストレーター、グラフィックデザイナー)

    1962年東京生まれ。武蔵野美術大学卒業。80年代から00年代までにグラフィック系コンペや広告賞で多数受賞。10年「ニューエイドス」13年「都築潤×中ザワヒデキ」を展示開催。15年「ニューエイドス以降/検証1980-2000」開講。『日本イラストレーション史』監修執筆。NHK高校講座「美術1」監修出演。jti.ne.jp

  • 長崎訓子

    (イラストレーター)

    1970年東京生まれ。多摩美術大学染織デザイン科卒業後、フリーのイラストレーターとして、書籍、広告などで活動中。代表的な装画に『金持ち父さん貧乏父さん』(筑摩書房)、『武士道シックスティーン』(文藝春秋)など。女子美術大学デザイン・工芸学科ヴィジュアルデザイン専攻准教授。